曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

授記(じゅき)「正法眼蔵」

投稿日:2020年9月24日 更新日:

仏祖単伝の大道は授記なり。仏祖の参学なきものは、夢也未見なり。その授記の時節は、いまだ菩提心をおこさざるものにも授記す。無仏性に授記す、有仏性に授記す。

有身に授記し、無身に授記す。諸仏に授記す。諸仏は諸仏の授記を保任するなり。得授記ののちに作仏すと参学すべからず、作仏ののちに得授記すと参学すべからず。

授記時に作仏あり、授記時に修行あり。このゆゑに、諸仏に授記あり、仏向上に授記あり。自己に授記す、身心に授記す。授記に学措大なるとき、仏道に飽学措大なり。身前に授記あり、身後に授記あり。自己にしらるる授記あり、自己にしられざる授記あり。他をしてしらしむる授記あり、他をしてしらしめざる授記あり。

まさにしるべし、授記は自己を現成せり。授記これ現成の自己なり。このゆゑに、仏々祖々、嫡々相承せるは、これただ授記のみなり。さらに一法としても授記にあらざるなし。

いかにいはんや山河大地、須弥巨海あらんや。さらに一箇半箇の張三李四なきなり。かくのごとく参究する授記は、道得一句なり、聞得一句なり。不会一句なり、会取一句なり。行取なり、説取なり。退歩を教令せしめ、進歩を教令せしむ。いま得坐披衣、これ古来の得授記にあらざれば現成せざるなり。合掌頂戴なるがゆゑに現成は授記なり。

仏言、それ授記に多般あれども、しばらく要略するに八種あり。いはゆる、
瓔珞第九、八種授記あり。

一者 自己知、他不知。
己知他不知者、発心自誓未広及人、未得四無所畏、未得善權故(己知他不知とは、発心自誓未だ広く人に及ばず、未だ四無所畏を得ず、未だ善權を得ざるが故に)。

二者 衆人尽知、自己不知。
衆人尽知、己不知者、発心広大得無畏善權故(衆人尽知、己不知とは、発心広大にして無畏善權を得るが故に)。

三者 自己衆人、倶知。
皆知者、位在七地、無畏善權、得空観故(皆知とは、位七地に在りて、無畏善權、空観を得るが故に)。

四者 自己衆人、倶不知。
皆不知者、未入七地、未得無著行(皆不知とは、未だ七地に入らず、未だ無著の行を得ず)。

五者 近覚、遠不覚。
遠者不覚者、弥勒是也。諸根具足、不捨如来無著行故(遠者不覚とは弥勒是れなり。諸根具足し如来無著の行を捨せざるが故に)。

六者、遠覚、近不覚。
近者不覚者、此人未能演説賢聖之行、師子膺是也(近者不覚とは、此の人未だ賢聖の行を演説すること能はず、師子膺是れなり)。

七者、倶覚。
近遠倶覚者、諸根具足、不捨無著之行、柔順菩薩是也(近遠倶覚とは、諸根具足するも無著の行を捨てず、柔順菩薩是れなり)。

八者、倶不覚。
近遠倶不覚者、未得善權、不能悉知如来蔵、等行菩薩是也(近遠倶不覚とは、未だ善權を得ず、如来蔵を悉く知ること能はず、等行菩薩是れなり)。

余経又云、
近知者。
従現仏得記也、如弥勒等(現仏に従ひて記を得るなり、弥勒等の如し)。
遠知者。
不従今仏、従当仏得記。如仏語弊魔、弥勒当四汝記(今仏に従はず、当仏に従ひて記を得。仏、弊魔に、弥勒当に汝に記を与ふべしと語りたまふが如し)。

遠近倶知者。
今当仏倶与記也(今当の仏、倶に記を与へたまふなり)。
近遠倶不知者。
今当仏倶不記也(今当の仏、倶に記したまはざるなり)。
かくのごとく授記あり。

しかあれば、いまこの臭皮袋の精魂に識度せられざるには授記あるべからずと活計することなかれ、未悟の人面にたやすく授記すべからずといふことなかれ。

よのつねにおもふには、修行功満じて作仏決定する時授記すべしと学しきたるといへども、仏道はしかにはあらず。或従知識して一句をきき、或従経巻して一句をきくことあるは、すなはち得授記なり。

これ諸仏の本行なるがゆゑに、百草の善根なるがゆゑに。もし授記を道取するには、得記人みな究竟人なるべし。

しるべし、一塵なほ無上なり、一塵なほ向上なり。授記なんぞ一塵ならざらん、授記なんぞ一法ならざらん、授記なんぞ万法ならざらん、授記なんぞ修証ならざらん、授記なんぞ仏祖ならざらん、授記なんぞ功夫弁道ならざらん、授記なんぞ大悟大迷ならざらん。

授記はこれ吾宗到汝、大興于世なり、授記はこれ汝亦如是、吾亦如是なり。授記これ標榜なり、授記これ何必なり。授記これ破顔微笑なり、授記これ生死去来なり。授記これ尽十方界なり、授記これ徧界不曽蔵なり。

玄沙院宗一大師、侍雪峰行次、雪峰指面前地云、這一片田地、好造箇無縫塔(玄沙院宗一大師、雪峰に侍して行く次でに、雪峰、面前の地を指して云く、這の一片の田地、好し、箇の無縫塔を造らんに)。

玄沙曰、高多少(高さ多少ぞ)。
雪峰乃上下顧視(雪峰乃ち上下に顧視す)。
玄沙云、人天福報即不無、和尚霊山授記、未夢見在(人天の福報は即ち無きにあらず、和尚霊山の授記、未夢見在なり)。
雪峰云、儞作麼生。
玄沙曰、七尺八尺。

いま玄沙のいふ和尚霊山授記、未夢見在は、雪峰に霊山の授記なしといふにあらず、雪峰に霊山の授記ありといふにあらず、和尚霊山授記、未夢見在といふなり。

霊山の授記は、高著眼なり。吾有正法眼蔵涅槃妙心、附嘱摩訶迦葉なり。しるべし、青原の石頭に授記せしときの同参は、摩訶迦葉も青原の授記をうく、青原も釈迦の授記をさづくるがゆゑに、仏々祖々の面々に、正法眼蔵附嘱有在なることあきらかなり。

ここをもて、曹谿すでに青原に授記す、青原すでに六祖の授記をうくるとき、授記に保任せる青原なり。このとき、六祖諸仏の参学、正直に青原の授記によりて行取しきたれるなり。これを明々百草頭、明々仏祖意といふ。

しかあればすなはち、仏祖いづれか百草にあらざらん、百草なんぞ吾汝にあらざらん。至愚にしておもふことなかれ、みづからに具足する法は、みづからかならずしるべしと、みるべしと。恁麼にあらざるなり。自己の知する法、かならずしも自己の有にあらず。自己の有、かならずしも自己のみるところならず、自己のしるところならず。

しかあれば、いまの知見思量分にあたはざれば自己にあるべからずと疑著することなかれ。いはんや霊山の授記といふは、釈迦牟尼仏の授記なり。この授記は、釈迦牟尼仏の釈迦牟尼仏に授記しきたれるなり。授記の未合なるには授記せざる道理なるべし。その宗旨は、すでに授記あるに授記するに罜礙なし、授記なきに授記するに剩法せざる道理なり。虧闕なく、剩法にあらざる、これ諸仏祖の諸仏祖に授記しきたれる道理なり。

このゆゑに古仏いはく、
古今挙払示東西、
大意幽微肯易参。
此理若無師教授、
欲将何見語玄談。
(古今挙払して東西に示す、大意幽微にして肯つて参ずること易からんや。此の理若し師の授無くんば、何れの見を将てか玄談を語らんとするや。)

いまの玄沙の宗旨を参究するに、無縫塔の高多少を量するに、高多少の道得あるべし。さらに五百由旬にあらず、八万由旬にあらず。これによりて、上下を顧視するをきらふにあらず。

ただこれ人天の福報は即不無なりとも、無縫塔高を顧視するは、釈迦牟尼仏の授記にはあらざるのみなり。釈迦牟尼仏の授記をうるは、七尺八尺の道得あるなり。真箇の釈迦牟尼仏の授記を点撿することは七尺八尺の道得をもて点撿すべきなり。

しかあればすなはち、七尺八尺の道得を是不是せんことはしばらくおく、授記はさだめて雪峰の授記あるべし、玄沙の授記あるべきなり。いはんや授記を挙して無縫塔高の多少を道得すべきなり。授記にあらざらんを挙して仏法を道得するは、道得にはあらざるべきなり。

自己の真箇に自己なるを会取し聞取し道取すれば、さだめて授記の現成する公案あるなり。授記の当陽に、授記と同参する功夫きたるなり。授記を究竟せんために、如許多の仏祖は現成正覚しきたれり。授記の功夫するちから、諸仏を推出するなり。このゆゑに、唯以一大事因縁故出現といふなり。その宗旨は、向上には非自己かならず非自己の授記をうるなり。このゆゑに、諸仏は諸仏の授記をうるなり。

おほよそ授記は、一手を挙して授記し、両手を挙して授記し、千手眼を挙して授記し、授記せらる。あるいは優曇花を挙して授記す、あるいは金襴衣を拈じて授記する、ともにこれ強為にあらず、授記の云為なり。内よりうる授記あるべし、外よりうる授記あるべし。内外を参究せん道理は、授記に参学すべし。授記の学道は万里一条鐵なり。授記の兀坐は一念万年なり。

古仏いはく、相繼得成仏、転次而授記(相繼いで成仏することを得て、転次に而も授記せん)。

いはくの成仏は、かならず相繼するなり。相繼する少許を成仏するなり。これを授記の転次するなり。転次は転得転なり、転次は次得次なり。たとへば造次なり。造次は施為なり。その施為は、局量の造身にあらず、局量の造境にあらず、度量の造作にあらず、造心にあらざるなり。まさに造境不造境、ともに転次の道理に一任して究弁すべし。造作不造作、ともに転次の道理に一任して究弁すべし。

いま諸仏諸祖の現成するは施為に転次せらるるなり。祖師の西来する施為に転次せらるるなり。いはんや運水般柴は、転次しきたるなり。即心是仏の現生する転次なり。即心是仏の滅度する、一滅度二滅度をめづらしくするにあらず、如許多の滅度を滅度すべし、如許多の成道を成道すべし、如許多の相好を相好すべし。

これすなはち相繼得成仏なり、相繼得滅度等なり。相繼得授記なり、相繼得転次なり。転次は本来にあらず、ただ七通八達なり。いま仏面祖面の面々に相見し、面々に相逢するは相繼なり。仏授記祖授記の転次する、回避のところ、間隙にあらず。

古仏いはく、我今従仏聞、授記荘厳事、及転次受決、身心遍歓喜(我れ今仏に従ひたてまつりて、授記荘厳の事、及び転次に決を受けんことを聞きて、身心遍く歓喜せり)。

いふところは、授記荘厳事、かならず我今従仏聞なり。我今従仏聞の及転次受決するといふは、身心遍歓喜なり。及転次は我今なるべし。過現当の自他にかかはるべからず、従仏聞なるべし。従他聞にあらず。迷悟にあらず、衆生にあらず、草木国土にあらず、従仏聞なるべし。授記荘厳事なり、及転次受決なり。

転次の道理、しばらくも一隅にとどまりぬることなし。身心遍歓喜しもてゆくなり。歓喜なる及転次受決、かならず身と同参して遍参し、心と同参して遍参す。さらに又、身はかならず心に遍ず、心はかならず身に遍ずるゆゑに身心遍といふ。

すなはちこれ徧界徧方、徧身徧心なり。これすなはち特地一条の歓喜なり。その歓喜、あらはに寐寤を歓喜せしめ、迷悟を歓喜せしむるに、おのおのと親切なりといへども、おのおのと不染汚なり。かるがゆゑに、転次而受決なる、授記荘厳事なり。

釈迦牟尼仏、因薬王菩薩告八万大士、薬王、汝見是大衆中、無量諸天、龍王、乾闥婆、阿修羅、迦樓羅、緊那羅、摩睺羅伽、人与非人、及比丘比丘尼、優婆塞優婆夷、求声聞者、求辟支仏者、求仏道者、如是等類、咸於仏前、聞妙法華経一偈一句、乃至一念隨喜者、我皆与授記。当得阿耨多羅三藐三菩提(釈迦牟尼仏、薬王菩薩に因りて八万大士に告げたまはく、薬王、汝、是の大衆の中の無量の諸天、龍王、乾闥婆、阿修羅、迦樓羅、緊那羅、摩睺羅伽、人と非人と、及び比丘比丘尼、優婆塞優婆夷、声聞を求むる者、辟支仏を求むる者、仏道を求むる者を見るに、是の如き等の類、咸く仏の前に於て、妙法華経の一偈一句を聞きて、乃至一念も隨喜せん者に、我れ皆授記を与ふべし。当に阿耨多羅三藐三菩提を得べし)。

しかあればすなはち、いまの無量なる衆会、あるいは天王龍王、四部、八部、所求所解ことなりといへども、たれか妙法にあらざらん一句一偈をきかしめん。いかならんなんぢが乃至一念も、他法を隨喜せしめん。如是等類といふは、これ法華類なり。咸於仏前といふは、咸於仏中なり。人与非人の万像に錯認するありとも、百草に下種せるありとも、如是等類なるべし。如是等類は、我皆与授記なり。我皆与授記の頭正尾正なる、すなはち当阿耨多羅三藐三菩提なり。

釈迦牟尼仏告薬王、又如来滅度之後、若有人聞妙法華経、乃至一偈一句、一念隨喜者、我亦与授阿耨多羅三藐三菩提記(釈迦牟尼、仏薬王に告げたまはく、又、如来滅度の後、若し人有つて妙法華経を聞きて、乃至一偈一句に、一念も隨喜せん者に、我れ亦た阿耨多羅三藐三菩提の記を与授すべし)。

いまいふ如来滅度之後は、いづれの時節到来なるべきぞ。四十九年なるか、八十年中なるか。しばらく八十年中なるべし。若有人聞妙法華経、乃至一偈一句、一念隨喜といふは、有智の所聞なるか、無智の所聞なるか。あやまりてきくか、あやまらずしてきくか。為他道せば、若有人の所聞なるべし。さらに有智無智等の諸類なりとすることなかれ。

いふべし、聞法華経はたとひ甚深無量なるいく所仏智慧なりとも、きくにはかならず一句なり、きくにかならず一偈なり、きくにかならず一念隨喜なり。このとき、我亦与授阿耨多羅三藐三菩提記なるべし。亦与授記あり、皆与授記あり。蹉過の張三に一任せしむることなかれ、審細の功夫に同参すべし。句偈隨喜を若有人聞なるべし。皮肉骨髓を頭上安頭するにいとまあらず。

見授阿耨多羅三藐三菩提記は、我願即満なり、如許皮袋なるべし、衆望亦足なり、如許若有人聞ならん。念松枝の授記あり、念優曇華の授記あり。念瞬目の授記あり、念破顔の授記あり、鞁鞋を転授せし蹤跡あり。そこばくの是法非思量分別之所能解(是の法は思量分別の能く解脱する所に非ず)なるべし。我身是也の授記あり、汝身是也の授記あり。この道理、よく過去現在未来を授記するなり。授記中の過去現在未来なるがゆゑに、自授記に現成し、他授記に現成するなり。

維摩詰、謂弥勒言、弥勒、世尊授仁者記、一生当得阿耨多羅三藐三菩提、為用何生得受記乎。過去耶、未来耶、現在耶。若過去生、過去生已滅。若未来生、未来生未至。若現在生、現在生無住。如仏所説、比丘、汝今即時、亦生亦老亦滅。若以無生得受記者、無生即是正位。於正位中、亦無受記、亦無得阿耨多羅三藐三菩提。云何弥勒受一生記乎。為従如生得受記耶、為従如滅得受記耶。若以如生得受記者、如無有生。若以如滅得受記者、如無有滅。一切衆生皆如也、一切諸法亦如也。衆聖賢亦如也。至於弥勒亦如也。若弥勒得受記者、一切衆生亦応受記。所以者何、夫如者不二不異。若弥勒得阿耨多羅三藐三菩提者、一切衆生皆亦応得。所以者何、一切衆生即菩提相

(維摩詰、弥勒に謂て言く、弥勒、世尊の仁者に記を授け、一生に当に阿耨多羅三藐三菩提を得べしとは、何れの生を用て受記を得るとやせん。過去なりや、未来なりや、現在なりや。若し過去生といはば、過去生は已に滅す。若し未来生といはば、未来生は未至なり。若し現在生といはば、現在生は住すること無し。仏の所説の如くならば、比丘、汝今の即時は、亦生亦老亦滅なり。若し無生を以て受記を得といはば、無生は即ち是れ正位なり。正位中に於て、また受記無し。また阿耨多羅三藐三菩提を得べきこと無し。云何ぞ弥勒一生の記を受くるや。如生より受記を得とせんるや、如滅より受記を得とせんや。若し如生を以て受記を得といはば、如は生有ること無し。若し如滅を以て受記を得といはば、如は滅有ること無し。一切衆生、皆な如なり、一切の法も亦た如なり。衆の聖賢も亦た如なり。弥勒に至るまでも亦た如なり。若し弥勒受記を得るとなれば、一切衆生も亦た応に受記すべし。所以何となれば、夫れ、如は不二、不異なり。若し弥勒阿耨多羅三藐三菩提を得ば、一切衆生も皆亦た応に得べし。所以何となれば、一切衆生は即ち菩提の相なり)。

維摩詰の道取するところ、如来これを不是といはず。しかあるに、弥勒の得受記、すでに決定せり。かるがゆゑに、一切衆生の得受記、おなじく決定すべし。衆生の受決あらずは、弥勒の受記あるべからず。

すでに一切衆生、即菩提相なり。菩提の、菩提の授記をうるなり。受記は今日生仏の慧命なり。しかあれば、一切衆生は弥勒と同発心するゆゑに同受記なり、同成道なるべし。

ただし、維摩道の於正位中、亦無受記は、正位即授記をしらざるがごとし、正位即菩提といはざるがごとし。また過去生已滅、未来生未至、現在生無住とらいふ。過去かならずしも已滅にあらず、未来かならずしも未至にあらず、現在かならずしも無住にあらず、無住未至已滅等を過未現と学すといふとも、未至のすなはち過現来なる道理、かならず道取すべし。

しかあれば、生滅ともに得記する道理あるべし、生滅ともに得菩提の道理あるなり。一切衆生の授記をうるとき、弥勒も授記をうるなり。

しばらくなんぢ維摩にとふ、弥勒は衆生と同なりや異なりや。試道看。

すでに若弥勒得記せば、一切衆生も得記せんといふ、弥勒、衆生にあらずといはば、衆生は衆生にあらず、弥勒も弥勒にあらざるべし。いかん。正当恁麼時、また維摩にあらざるべし。維摩にあらずは、この道得用不著ならん。

しかあればいふべし、授記の一切衆生をあらしむるとき、一切衆生および弥勒はあるなり。授記よく一切をあらしむべし。

正法眼蔵授記第二十一

仁治三年壬寅孟夏四月二十五日記于観音導利興聖宝林寺
寛元二年甲辰正月廿日書写之在于越州吉峰寺侍者寮

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめのページ💡
戒名や故人名を含むネット中継・個別法要実施→ZOOMで確認(10000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→仏事証書で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.