曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

「正法眼蔵」重雲堂式(じゅうんどうしき)

投稿日:2020年9月24日 更新日:

一 道心ありて名利をなげすてんひといるべし。いたづらに、まことなからんもの、いるべからず。あやまりていれりとも、かんがへていだすべし。しるべし道心ひそかにをこれば、名利たちどころに解脱するものなり。おほよそ大千界のなかに、正嫡の付属まれなり。わがくにむかしよりいまこれを本源とせん。のちをあはれみて、いまをおもくすべし。

一 堂中の衆は、乳水のごとくに和合して、たがひに道業を一興すべし。いまは、しばらく賓主なりとも、のちにはながく仏祖なるべし。しかあればすなはち、おのおのともにあひがたきにあひて、をこなひがたきををこなふ、まことのおもひをわするることなかれ、これを仏祖の身心といふ。かならず仏となり祖となる。すでに家をはなれ、里をはなれ、雲をたのみ、水をたのむ。身をたすけ、道をたすけむこと、この衆の恩は父母にもすぐるべし。父母はしばらく生死のなかの親なり、この衆はながく仏道のともにてあるべし。

一 ありきを、このむべからず、たとひ切要には一月に一度をゆるす。むかしのひと、とをき山にすみ、はるかなる、はやしに、をこなふし。人事まれなるのみにあらず、万縁ともにすつ、韜光晦跡せしこころをならふべし。いまはこれ頭燃をはらふときなり、このときをもて、いたずらに世縁にめぐらさむなげかざらめや、なげかざらめやは。無常たのみがたし、しらず露命いかなるみちのくさにかをちむ、まことにあはれむべし。

一 堂のうちにて、たとひ禅冊なりとも文字をみるべからず、堂にしては究理弁道すべし。明窓下にむかふては古繁繁照心すべし。寸陰すつることなかれ、專一に功夫すべし。

一 おほよそ、よるも、ひるも、さらむところをば、堂主にしらすべし。ほしいままに、あそぶことなかれ。衆の規矩にかかはるべし、しらず今生のおはりにてもあるらむ。閑遊のなかにいのちをおはん、さだめてのちにくやしからん。

一 他人の非に手かくべからず、にくむこころにて、ひとの非をみるべからず、不見他非我是自然上敬下恭の、むかしのことばあり。またひとの非をならふべからず、わが徳を修すべし。ほとけも非を制することあれども、にくめとにはあらず。

一 大小の事、かならず堂主にふれて、をこなふべし。堂主にふれずして、ことををこなはんひとは、堂をいだすべし。賓主の礼みだれば、正偏あきらめがたし。

一 堂のうちならびにその近辺にて、こゑをたかくし、かしらをつどえて、ものいふべからず。堂主これを制すべし。

一 堂のうちにて行道すべからず。

一 堂のうちにて珠数もつべからず。手をたれて、いでいり、すべからず。

一 堂のうちにて、念誦看経すべからず。檀那の一会の看経を請せんはゆるす。

一 堂のうちにて、はなをたかくかみ、つばきたかくはくべからず。道業のいまだ通達せざることをかなしむべし。光陰のひそかにうつり、行道のいのちをうばふことを、をしむべし。をのずから少水のうをのこころあらむ。

一 堂の衆あやおりものをきるべからず、かみぬの、などをきるべし、むかしより道をあきらめしひと、みなかくのごとし。

一 さけにゑひて、堂中にいるべからず、わすれてあやまらんは、礼拝懺悔すべし。またさけをとりいるべからず、にらぎのかして堂中にいるべからず。

一 いさかひせんものは、二人ともに下寮すべし。みづから道業をさまたぐるのみにあらず、他人をもさまたぐるゆへに。いさかはんをみて制せざらんものも、をなじく、とがあるべし。

一 堂中のをしへにかかはらざらんば、諸人をなじこころにて擯出すべし。をかしと、をなじこころにあらんは、とがあるべし。

一 僧俗を堂内にまねきて、衆を起動すべからず。近辺にても賓客と、ものいふこゑ、たかくすべからず。ことさら修練自称して、供養をむさぼることなかれ。ひさしく参学のこころざしあらむか。あながちに巡礼のあらむはいるべし。そのときもかならず堂主にふるべし。

一 坐禅は僧堂のごとくにすべし、朝参暮請いささかも、をこたることなかれ。

一 斎粥のとき、鉢盂の具足を地にをとさんひとは、叢林の式によりて罸油あるべし。

一 おほよそ仏祖の制誡をば、あながちにまほるべし。叢林の清規は、ほねにも銘ずべし、心にも銘ずべし。

一 一生安穏にして弁道無為にあらむと、ねがふべし。

以前の数条は、古仏の身心なり、うやまひ、したがふべし。

暦仁二年己亥四月二十五日、観音導利興聖護国寺開闢沙門道元示。

観音導利興聖護国寺重雲堂式

爾時の堂主宗信、この文をうつして、のちにつたふるなり。ゆへに近代流布の本のおはりに、堂主宗信の四字をのするものあり、しかあれども、撰者にあらざること、しるべきなり。

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめ💡
法要依頼 お布施3000円~(法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養/オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能)

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.