曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

「正法眼蔵」海印三昧(かいいんざんまい)

投稿日:2020年9月24日 更新日:

諸仏諸祖とあるに、かならず海印三昧なり。この三昧の游泳に、説時あり、証時あり、行時あり。海上行の功徳、その徹底行あり。これを深々海底行なりと海上行するなり。流浪生死を還源せしめんと願求する、是什麼心行にはあらず。従来の透関破節、もとより諸仏諸祖の面々なりといへども、これ海印三昧の朝宗なり。

仏言、但以衆法、合成此身。起時唯法起、滅時唯法滅。此法起時、不言我起。此法滅時、不言我滅。
前念後念、念念不相待。前法後法、法法不相対。是即名為海印三昧。

(仏言はく、但衆法を以て此身を合成す。起時は唯法の起なり、滅時は唯法の滅なり。此の法起る時、我起ると言はず。此の法滅する時、我滅すと言はず。
前念後念、念念不相待なり。前法後法、法法不相対なり。是れを即ち名づけて海印三昧とす。)

この仏道を、くはしく参学功夫すべし。得道入証はかならずしも多聞によらず、多語によらざるなり。多聞の広学はさらに四句に得道し、恒沙の徧学、つひに一句偈に証入するなり。いはんやいまの道は、本覚を前途にもとむるにあらず、始覚を証中に拈来するにあらず。おほよそ本覚等を現成せしむるは仏祖の功徳なりといへども、始覚本覚等の諸覚を仏祖とせるにはあらざるなり。

いはゆる海印三昧の時節は、すなはち但以衆法の時節なり、但以衆法の道得なり。このときを合成此身といふ。衆法を合成せる一合相、すなはち此身なり。此身を一合相とせるにあらず、衆法合成なり。合成此身を此身と道得せるなり。

起時唯法起。この法起、かつて起をのこすにあらず。このゆゑに、起は知覚にあらず、知見にあらず、これを不言我起といふ。我起を不言するに、別人は此法起と見聞覚知し、思量分別するにはあらず。さらに向上の相見のとき、まさに相見の落便宜あるなり。起はかならず時節到来なり、時は起なるがゆゑに。いかならんかこれ起なる、起也なるべし。

すでにこれ時なる起なり。皮肉骨髓を独露せしめずといふことなし。起すなはち合成の起なるがゆゑに、起の此身なる、起の我起なる、但以衆法なり。声色と見聞するのみにあらず、我起なる衆法なり、不言なる我起なり。不言は不道にはあらず、道得は言得にあらざるがゆゑに、起時は此法なり、十二時にあらず。此法は起時なり、三界の競起にあらず。

古仏いはく、忽然火起。この起の相待にあらざるを、火起と道取するなり。

古仏いはく、起滅不停時如何(起滅不停の時如何)。

しかあれば、起滅は我我起、我我滅なるに不停なり。この不停の道取、かれに一任して弁肯すべし。この起滅不停時を仏祖の命脈として断続せしむ。起滅不停時は是誰起滅(是れ誰が起滅ぞ)なり。是誰起滅は、応以此身得度者なり、即現此身なり、而為説法なり。過去心不可得なり、汝得吾髓なり、汝得吾骨なり。是誰起滅なるゆゑに。

此法滅時、不言我滅。まさしく不言我滅のときは、これ此法滅時なり。滅は法の滅なり。滅なりといへども法なるべし。法なるゆゑに客塵にあらず、客塵にあらざるゆゑに不染汚なり。ただこの不染汚、すなはち諸仏諸祖なり。汝もかくのごとしといふ、たれか汝にあらざらん。前念後念あるはみな汝なるべし。

吾もかくのごとしといふ、たれか吾にあらざらん。前念後念はみな吾なるがゆゑに。この滅に多般の手眼を荘厳せり。いはゆる無上大涅槃なり、いはゆる謂之死(之を死と謂ふ)なり、いはゆる執為断(執して断と為す)なり、いはゆる為所住(所住と為す)なり。いはゆるかくのごとくの許多手眼、しかしながら滅の功徳なり。滅の我なる時節に不言なると、起の我なる時節に不言なるとは、不言の同生ありとも、同死の不言にはあらざるべし。

すでに前法の滅なり、後法の滅なり。法の前念なり、法の後念なり。為説法の前後法なり、為説法の前後念なり。不相待は為説法なり、不相待は法為なり。不相対ならしめ、不相待ならしむるは八九成の道得なり。滅の四大五蘊を手眼とせる、拈あり收あり。滅の四大五蘊を行程とせる、進歩あり相見あり。このとき、通身是手眼、還是不足なり。遍身是手眼、還是不足なり。

おほよそ滅は仏祖の功徳なり。いま不相対と道取あり、不相待と道取あるは、しるべし、起は初中後起なり。官不容針、私通車馬(官には針を容れず、私に車馬を通ず)なり。滅を初中後に相待するにあらず、相対するにあらず。従来の滅処に忽然として起法すとも、滅の起にはあらず、法の起なり。法の起なるゆゑに不対待相なり。

また滅と滅と相待するにあらず、相対するにあらず。滅も初中後滅なり、相逢不拈出、挙意便知有(相逢ふては拈出せず、意を挙すれば便ち有ることを知る)なり。従来の起処に忽然として滅すとも、起の滅にあらず、法の滅なり。法の滅なるがゆゑに不相対待なり。たとひ滅の是即にもあれ、たとひ起の是即にもあれ、但以海印三昧、名為衆法なり。是即の修証はなきにあらず、只此不染汚、名為海印三昧なり。

三昧は現成なり、道得なり。背手摸枕子の夜間なり。夜間のかくのごとく背手摸枕子なる、摸枕子は億々万劫のみにあらず、我於海中、唯常宣説妙法華経なり。不言我起なるがゆゑに我於海中なり。前面も一波纔動万波隨なる常宣説なり、後面も万波纔動一波隨の妙法華経なり。たとひ千尺万尺の絲綸を巻舒せしむとも、うらむらくはこれ直下垂なることを。いはゆるの前面後面は我於海面なり。前頭後頭といはんがごとし。前頭後頭といふは頭上安頭なり。

海中は有人にあらず、我於海は世人の住処にあらず、聖人の愛処にあらず。我於ひとり海中にあり。これ唯常の宣なり。この海中は中間に属せず、内外に属せず、鎭常在説法華経なり。東西南北に不居なりといへども、満船空載月明帰(満船空しく月明を載せて帰る)なり。この実帰は便帰来なり。たれかこれを滞水の行履なりといはん。

ただ仏道の剤限に現成するのみなり。これを印水の印とす。さらに道取す、印空の印なり。さらに道取す、印泥の印なり。印水の印、かならずしも印海の印にはあらず、向上さらに印海の印なるべし。これを海印といひ、水印といひ、泥印といひ、心印といふなり。心印を単伝して印水し、印泥し、印空するなり。

曹山元証大師、因僧問、承教有言、大海不宿死屍、如何是海(承る教に言へること有り、大海死屍を宿せずと。如何なるか是れ海)。

師云、包含万有。

僧云、為什麼不宿死屍(什麼と為てか死屍を宿せざる)。

師云く、絶気者不著。

僧曰く、即是包含万有、為什麼絶気者不著(即に是れ包含万有、什麼と為てか絶気の者不著なる)。

師云く、万有非其功絶気(万有、その功徳、絶気に非ず)。

この曹山は、雲居の兄弟なり。洞山の宗旨、このところに正的なり。いま承教有言といふは、仏祖の正教なり。凡聖の教にあらず、附仏法の小教にあらず。

大海不宿死屍。いはゆる大海は、内海外海等にあらず、八海等にはあらざるべし。これらは学人のうたがふところにあらず。海にあらざるを海と認ずるのみにあらず、海なるを海と認ずるなり。たとひ海と強為すとも、大海といふべからざるなり。大海はかならずしも八功徳水の重淵にあらず、大海はかならずしも鹹水等の九淵にあらず。衆法は合成なるべし。大海かならずしも深水のみにてあらんや。このゆゑに、いかなるか海と問著するは、大海のいまだ人天にしられざるゆゑに、大海を道著するなり。これを問著せん人は、海執を動著せんとするなり。

不宿死屍といふは、不宿は明頭来明頭打、暗頭来暗頭打なるべし。死屍は死灰なり、幾度逢春不変心(幾度か春に逢ふも心を変ぜず)なり。死屍といふは、すべて人々いまだみざるものなり。このゆゑにしらざるなり。

師いはく包含万有は、海を道著するなり。宗旨の道得するところは、阿誰なる一物の万有を包含するといはず、包含、万有なり。大海の万有を包含するといふにあらず。包含万有を道著するは、大海なるのみなり。なにものとしれるにあらざれども、しばらく万有なり。仏面祖面と相見することも、しばらく万有を錯認するなり。包含のときは、たとひ山なりとも高々峰頭立のみにあらず。たとひ水なりとも深々海底行のみにあらず。收はかくのごとくなるべし、放はかくのごとくなるべし。仏性海といひ、毘盧蔵海といふ、ただこれ万有なり。海面みえざれども、游泳の行履に疑著する事なし。

たとへば、多福一叢竹を道取するに、一茎両茎曲なり。三茎四茎斜なるも、万有を錯失せしむる行履なりとも、なにとしてかいまだいはざる、千曲万曲なりと。なにとしてかいはざる、千叢万叢なりと。一叢の竹、かくのごとくある道理、わすれざるべし。曹山の包含万有の道著、すなはちなほこれ万有なり。

僧のいはく為什麼絶気者不著は、あやまりて疑著の面目なりといふとも、是什麼心行なるべし。従来疑著這漢なるときは、従来疑著這漢に相見するのみなり。什麼処在に為什麼絶気者不著なり。為什麼不宿死屍なり。這頭にすなはち即是包含万有、為什麼絶気者不著なり。しるべし、包含は著にあらず、包含は不宿なり。万有たとひ死屍なりとも、不宿の直須万年なるべし。不著の這老僧一著子なるべし。

曹山の道すらく万有非其功絶気。いはゆるは、万有はたとひ絶気なりとも、たとひ不絶気なりとも、不著なるべし。死屍たとひ死屍なりとも、万有に同参する行履あらんがごときは包含すべし、包含なるべし。万有なる前程後程、その功あり、これ絶気にあらず。いはゆる一盲引衆盲なり。一盲引衆盲の道理は、さらに一盲引一盲なり、衆盲引衆盲なり。衆盲引衆盲なるとき、包含万有、包含于包含万有なり。さらにいく大道にも万有にあらざる、いまだその功夫現成せず、海印三昧なり。

正法眼蔵海印三昧第十三

仁治三年壬寅孟夏二十日記于観音導利興聖宝林寺
寛元元年癸卯書写之 懐弉

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめ💡
法要依頼 お布施3000円~(法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養/オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能)

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.