曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

家常(かじょう)「正法眼蔵」

投稿日:2020年9月24日 更新日:

おほよそ仏祖の屋裡には、茶飯これ家常なり。この茶飯の儀、ひさしくつたはれて而今の現成なり。このゆゑに、仏祖茶飯の活計きたれるなり。

大陽山楷和尚、問投子曰、仏祖意句、如家常茶飯。離此之余、還有為人言句也無(大陽山楷和尚、投子に問うて曰く、仏祖の意句は、家常茶飯の如し。此れと離れて余に、還た為人の言句有りや無や)。
投子曰、汝道、寰中天子勅、還假禹湯尭舜也無(汝道ふべし、寰中の天子勅するに、還た禹湯尭舜を假るや無や)。
大陽擬開口(大陽、開口を擬す)。
投子拈払子掩師口曰、汝発意来時、早有三十棒分也(投子、払子を拈じて師の口を掩ひて曰く、汝発意せしよりこのかた、早く三十棒の分有り)。
大陽於此開悟、礼拝便行(大陽、此に開悟し、礼拝して便ち行く)。
投子曰、且来闍梨。
大陽竟不回頭(大陽、竟に回頭せず)。
投子曰、子到不疑之地耶(子不疑の地に到れりや)。
大陽以手掩耳而去(大陽、手を以て耳を掩ひて去る)。

しかあれば、あきらかに保任すべし、仏祖意句は、仏祖家常の茶飯なり。家常の麁茶淡飯は、仏意祖句なり。仏祖は茶飯をつくる。茶飯、仏祖を保任せしむ。しかあれども、このほかの茶飯力をからず、このうちの仏祖力をつひやさざるのみなり。還假禹湯尭舜也無の見示を、功夫参学すべきなり。

離此之余、還有為人言句也無。この問頭の頂を参跳すべし。跳得也、跳不得也と試参看すべし。

南嶽山石頭庵無際大師いはく、吾結草庵無宝貝。飯了従容図睡快(吾れ草庵を結ぶに宝貝無し。飯了には従容として睡快を図る)。
道来道去、道来去する飯了は、参飽仏祖意句なり。未飯なるは未飽参なり。しかあるに、この飯了従容の道理は、飯先にも現成す、飯中にも現成す、飯後にも現成す。飯了の屋裡に喫飯ありと錯認する、四五升の参学なり。

先師古仏示衆曰、記得、僧問百丈、如何是奇特事。百丈曰、独坐大雄峰(先師古仏示衆に曰く、記得す、僧、百丈に問ふ、如何ならんか是れ奇特の事。百丈曰く、独坐大雄峰)。

大衆不得動著、且教坐殺者漢。今日忽有人問浄上座、如何是奇特事。只向他道、有甚奇特事。畢竟如何。浄慈鉢盂、移過天童喫飯(大衆、動著すること得ざれ、且く者漢を坐殺せしめん。今日忽ちに人有つて浄上座に問はん、如何ならんか是れ奇特の事と。ただ他に向つて道ふべし、甚の奇特の事か有らん。畢竟如何。浄慈の鉢盂、天童に移過して喫飯す)。

仏祖の家裏にかならず奇特事あり。いはゆる独坐大雄峰なり。いま坐殺者漢せしむるにあふとも、なほこれ奇特事なり。さらにかれよりも奇特なるあり、いはゆる浄慈鉢盂、移過天童喫飯なり。奇特事は条々面々みな喫飯なり。しかあれば、独坐大雄峰すなはちこれ喫飯なり。鉢盂は喫飯用なり、喫飯用は鉢盂なり。このゆゑに浄慈鉢盂なり、天童喫飯なり。

飽了知飽あり、喫飯了飽あり。知了飽飯あり、飽了更喫飯あり。しばらく作麼生ならんかこれ鉢盂。おもはくは、祗是木頭にあらず、黒如漆にあらず。頑石ならんや、鐵漢ならんや。無底なり、無鼻孔なり。一口呑虚空、虚空合掌受なり。

先師古仏、ちなみに台州瑞巖浄土禅院の方丈にして示衆するにいはく、飢来喫飯、困来打眠。爐韛亙天(飢来れば喫飯し、困来れば打眠す。爐韛亙天なり)。
いはゆる飢来は、喫飯来人の活計なり。未曽喫飯人は、飢不得なり。

しかあればしるべし、飢一家常ならんわれは、飯了人なりと決定すべし。困来は困中又困なるべし。困の頂上より全跳しきたれり。このゆゑに、渾身の活計に、都撥転渾身せらるる而今なり。打眠は仏眼法眼、慧眼祖眼、露柱燈籠眼を假借して打眠するなり。

先師古仏、ちなみに台州瑞巖寺より臨安府浄慈寺の請におもむきて、上堂にいはく、
半年喫飯坐鞔峰。
坐断烟雲千万里。
忽地一声轟霹靂、
帝郷春色杏花紅。
(半年喫飯して鞔峰に坐す。坐断す烟雲千万里。忽地の一声轟霹靂、帝郷の春色杏花紅なり。)

仏代化儀の仏祖、その化みなこれ坐鞔峰喫飯なり。続仏慧命の参究、これ喫飯の活計見成なり。坐鞔峰の半年、これを喫飯といふ。坐断する烟雲いくかさなりといふことをしらず。一声の霹靂たとひ忽地なりとも、杏花の春色くれなゐなるのみなり。帝郷といふは、いまの赤々条々なり。これらの恁麼は喫飯なり。鞔峰は瑞巖寺の峰の名なり。

先師古仏、ちなみに明州慶元府の瑞巖寺の仏殿にして示衆するにいはく、黄金妙相、著衣喫飯、因我礼儞。早眠晏起。咦。談玄説妙太無端。切忌拈花自熱瞞(黄金の妙相著衣喫飯、我に因つて儞を礼す。早眠晏起。咦。談玄説妙太だ無端なり。切忌すらくは拈花自から熱瞞することを)。

たちまちに透担来すべし、黄金妙相といふは、著衣喫飯なり、著衣喫飯は黄金妙相なり。さらにたれ人の著衣喫飯すると摸索せざれ、たれ人の黄金妙相なるといふことなかれ。かくのごとくするはこれ道著なり。因我礼儞のしかあるなり。我既喫飯、儞揖喫飯(我れ既に喫飯すれば、儞喫飯を揖す)なり。切忌拈花のゆゑにしかあるなり。

福州長慶院円智禅師大安和尚、上堂示衆云、大安在潙山三十来年、喫潙山飯、屙潙山屎、不学潙山禅。只看一頭水牯牛。若落路入草便牽出。若犯人苗稼即鞭撻。調伏既久、可憐生、受人言語。如今変作箇露地白牛。常在面前、終日露回々地。趁亦不去也

(福州長慶院円智禅師大安和尚、上堂の示衆に云く、大安、潙山に在ること三十来年なり。潙山の飯を喫し、潙山の屎を屙して、潙山の禅を学せず。ただ一頭の水牯牛を看す。若し落路入草すれば便ち牽出す。若し人の苗稼を犯さば即ち鞭撻す。調伏すること既に久しくして、可憐生、人の言語を受く。如今変じて箇の露地の白牛と作る。常に面前に在つて、終日露回々地なり。趁へども亦た去らず)。

あきらかにこの示衆を受持すべし。仏祖の会下に功夫なる三十来年は喫飯なり。さらに雑用心あらず。喫飯の活計見成するは、おのづから看一頭水牯牛の標格あり。

趙州真際大師、問新到僧曰、曽到此間否(趙州真際大師、新到僧に問うて曰く、曽て此間に到れりや否や)。
僧曰、曽到。
師曰、喫茶去。
又問一僧(又、一僧に問ふ)、曽到此間否。
僧曰、不曽到。
師曰、喫茶去。
院主問師、為甚曽到此間也喫茶去、不曽到此間也喫茶去(院主、師に問ふ、甚と為てか曽到此間も喫茶去、不曽到此間も喫茶去なる)。
師召院主(師、院主を召す)。
主応諾(主、応諾す)。
師曰、喫茶去。

いはゆる此間は、頂にあらず、鼻孔にあらず、趙州にあらず。此間を跳脱するゆゑに曽到此間なり、不曽到此間なり。遮裏是甚麼処在、祗管道曽到不曽到なり。このゆゑに、 先師いはく、誰在画樓沽酒処、相邀来喫趙州茶(誰か画樓沽酒の処に在つて、相邀へ来つて趙州の茶を喫せん)。
しかあれば、仏祖の家常は喫茶喫飯のみなり。

正法眼蔵家常第五十九

爾時寛元元年癸卯十二月十七日在越宇禅師峰下示衆
同二年壬辰正月一日書写之在峰下侍者寮 懐弉

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめのページ💡
戒名や故人名を含むネット中継・個別法要実施→ZOOMで確認(10000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→仏事証書で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.