曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

見仏(けんぶつ)「正法眼蔵」

投稿日:2020年9月24日 更新日:

釈迦牟尼仏、告大衆言、若見諸相非相、即見如来。
いまの見諸相と見非相と、透脱せる体達なり。ゆゑに見如来なり。この見仏眼すでに参開なる現成を見仏とす。見仏眼の活路、これ参仏眼なり。

自仏を他方にみ、仏外に自仏をみるとき、条々の蔓枝なりといへども、見仏を参学せると、見仏を弁肯すると、見仏を脱落すると、見仏を得活すると、見仏を使得すると、日面仏見なり、月面仏見なり。恁麼の見仏、ともに無尽面、無尽身、無尽心、無尽手眼の見仏なり。而今脚尖に行履する発心発足よりこのかた、弁道功夫、および証契究徹、みな見仏裏に走入する活眼睛なり、活骨髓なり。しかあれば、自尽界他尽方、遮箇頭那箇頭、おなじく見仏功夫なり。

如来道の若見諸相非相を拈来するに、参学眼なきともがらおもはくは、諸相を相にあらずとみる、すなはち見如来といふ。そのおもむきは、諸相は相にはあらず、如来なりとみるといふとおもふ。まことに小量の一辺は、しかのごとくも参学すべしといへども、仏意の道成はしかにはあらざるなり。しるべし、諸相を見取し、非相を見取する、即見如来なり、如来あり、非如来あり。

清涼院大法眼禅師云、若見諸相非相、即不見如来。
いまこの大法眼道は、見仏道なり。これに法眼道あり、見仏道ありて、通語するに、競頭来なり、共出手なり。法眼道は耳処に聞著すべし、見仏道は眼処聞声すべし。

しかあるを、この宗旨を参学する従来のおもはくは、諸相は如来相なり、一相の如来相にあらざる、まじはれることなし。この相を、かりにも非相とすべからず。もしこれを非相とするは捨父逃逝なり。この相すなはち如来相なるがゆゑに、諸相は諸相なるべしと道取するなりといひきたれり。

まことにこれ大乗の極談なり、諸方の所証なり。しかのごとく決定一定して、信受参受すべし。さらに隨風東西の軽毛なることなかれ。諸相は如来相なり、非相にあらずと参究見仏し、決定証信して受持すべし。諷誦通利すべし。かくのごとくして、自己の耳目に見聞ひまなからしむべし。自己の身心骨髓に脱落ならしむべし。自己の山河尽界に透脱ならしむべし。これ参学仏祖行李なり。自己の云為にあれば、自己の眼睛を発明せしむべからずとおもふことなかれ。自己の一転語に転ぜられて、自己の一転仏祖を見脱落するなり。これ仏祖の家常なり。

このゆゑに、参取する隻条道あり。いはゆる諸相すでに非相にあらず、非相すなはち諸相なり。非相これ諸相なるがゆゑに、非相まことに非相なり。喚作非相の相ならびに喚作諸相の相、ともに如来相なりと参学すべし。参学の屋裏に両部の典籍あり。いはゆる参見典と参不見典となり。これ活眼睛の所参学なり。もしいまだこれらの典籍を著眼看の参徹せざれば参徹眼にあらず、参徹眼にあらざれば見仏にあらず。見仏に諸相処見、非相処見あり。吾不会仏法なり。不見仏に諸相処不見、非相処不見あり。会仏法人得なり。法眼道の八九成、それかくのごとし。

しかありといへども、この一大事因縁、さらにいふべし、若見諸相実相、即見如来。
かくのごとくの道取、みなこれ釈迦牟尼仏之所加被力なり。異面目の皮肉骨髓にあらず。

爾時釈迦牟尼仏、在霊鷲山。因薬王菩薩告大衆言、若親近法師、即得菩薩道。隨順是師学、得見恆沙仏(爾の時に釈迦牟尼仏、霊鷲山に在しき。因みに薬王菩薩大衆に告げて言く、若し法師に親近せば、即ち菩薩道を得ん。是の師に隨順して学せば、恆沙の仏を得見す)。

いはゆる親近法師といふは、二祖の八載事師のごとし。しかうしてのち、全臂得髓なり。南嶽の十五年の弁道のごとし。師の髓をうるを親近といふ。菩薩道といふは、吾亦如是、汝亦如是なり。如許多の蔓枝行李を即得するなり。即得は、古来より現ぜるを引得するにあらず、未生を発得するにあらず、現在の漫々を策把するにあらず、親近得を脱落するを即得といふ。このゆゑに一切の得は即得なり。

隨順是師学は、猶是侍者(猶是れ侍者のごとし)の古蹤なり、参究すべし。この正当恁麼行李時、すなはち得見の承当あり。そのところ、見恆沙仏なり。恆沙仏は、頭々活驋々聻なり。あながちに見恆沙仏をわしりへつらふことなかれ。まづすべからく隨師学をはげむべし。隨師学得仏見なり。

釈迦牟尼仏、告一切証菩提衆言、深入禅定、見十方仏。
尽界は深なり、十方仏土なるがゆゑに。これ広にあらず、大にあらず、小にあらず、窄にあらず。挙すれば隨他挙す、これを全收と道す。これ七尺にあらず、八尺にあらず、一丈にあらず。全收無外にして入之一字なり。

この深入は禅定なり、深入禅定は見十方仏なり。深入裏許無人接渠にして得在なるがゆゑに、見十方仏なり。設使将来、他亦不受のゆゑに、仏十方在なり。深入は長々出不得なり、見十方仏は只見臥如来なり。禅定は入来出頭不得なり。真龍をあやしみ恐怖せずは、見仏の而今、さらに疑著を抛捨すべからず。

見仏より見仏するゆゑに、禅定より禅定に深入す。この禅定見仏深入等の道理、さきより閑工夫漢ありて造作しおきて、いまの漢に伝授するにあらず。而今の新条にあらざれども、恁麼の道必然なり。一切の伝道受業かくのごとし。修因得果かくのごとし。

釈迦牟尼仏、告普賢菩薩言、若有受持、読誦正憶念修習書写、是法華経者、当知是人、則見釈迦牟尼仏、如従仏口、聞此経典(釈迦牟尼仏、普賢菩薩に告げて言はく、若し是の法華経を受持し読誦し正憶念し、修習し書写せん者有らん、当に知るべし、是の人、則ち釈迦牟尼仏を見たてまつり、仏の口より此の経典を聞くが如し)。

おほよそ一切諸仏は、見釈迦牟尼仏、成釈迦牟尼仏するを成道作仏といふなり。かくのごとくの仏儀、もとよりこの七種の行処の条々よりうるなり。七種行人は、当知是人なり、如是当人なり。これすなはち見釈迦牟尼仏処なるがゆゑに、したしくこれ如来仏口、聞此経典なり。釈迦牟尼仏は、見釈迦牟尼仏よりこのかた釈迦牟尼仏なり。これによりて舌相あまねく三千を覆す、いづれの山海か仏経にあらざらん。

このゆゑに書写の当人、ひとり見釈迦牟尼仏なり。仏口はよのつねに万古に開す、いづれの時節か経典にあらざらん。このゆゑに、受持の行者のみ見釈迦牟尼仏なり。乃至眼耳鼻等の功徳もまたかくのごとくなるべきなり。および前後左右、取捨造次、かくのごとくなり。

いまの此経典にむまれあふ、見釈迦牟尼仏をよろこばざらんや、生値釈迦牟尼仏なり。身心をはげまして受持読誦、正憶念、修習書写是法花経者則見釈迦牟尼仏なるべし、如従仏口、聞此経典、たれかこれをきほひきかざらん。いそがず、つとめざるは、貧窮無福慧の衆生なり、修習するは当知是人、則見釈迦牟尼仏なり。

釈迦牟尼仏、告大衆言、若善男子善女人、聞我説寿命長遠、深心信解、則為見仏、常在耆闍崛山、共大菩薩、諸声聞衆、囲遶説法。又見此裟婆世界、其地瑠璃、坦然平正

(釈迦牟尼仏、大衆に告げて言く、若し善男子善女人、我が寿命の長遠なりと説くを聞きて、深心に信解脱せば、則ちため仏、常に耆闍崛山に在して、共に大菩薩、諸声聞衆に、囲遶せられて説法したまふを見る。又此の裟婆世界は、其の地瑠璃にして、坦然平正なりと見る)。

この深心といふは裟婆世界なり。信解といふは無回避処なり。誠諦の仏語、たれか信解せざらん。この経典にあひたてまつれるは、信解すべき機縁なり。深心信解是法華、深心解寿命長遠のために、願生此裟婆国土しきたれり。如来の神力、慈悲力、寿命長遠力、よく心を拈じて信解せしめ、身を拈じて信解せしめ、尽界を拈じて信解せしめ、仏祖を拈じて信解せしめ、諸法を拈じて信解せしめ、実相を拈じて信解せしめ、皮肉骨髓を拈じて信解せしめ、生死去来を拈じて信解せしむるなり。これらの信解、これ見仏なり。

しかあればしりぬ、心頭眼ありて見仏す、信解眼をえて見仏す。ただ見仏のみにあらず、常在耆闍崛山をみるといふは、耆闍崛山の常在は、如来寿命と一斉なるべし。しかあれば、見仏常在耆闍崛山は、前頭来も如来および耆闍崛山ともに常在なり、後頭来も如来および耆闍崛山ともに常在なり。菩薩声聞もおなじく常在なるべし、説法もまた常在なるべし。

裟婆世界、其地瑠璃、坦然平正をみる、裟婆世界をみること動著すべからず、高処高平、低処低平なり。この地はこれ瑠璃地なり、これを坦然平正なるとみる目をいやしくすることなかれ。瑠璃為地の地はかくのごとし。この地を瑠璃にあらずとせば、耆闍崛山は耆闍崛山にあらず、釈迦牟尼仏は釈迦牟尼仏にあらざらん。其地瑠璃を信解する、すなはち深信解相なり、これ見仏なり。

釈迦牟尼仏、告大衆言、一心欲見仏、不自惜身命。時我及衆僧、倶出霊鷲山。
いふところの一心は、凡夫二乗等のいふ一心にあらず。見仏の一心なり。見仏の一心といふは、霊鷲山なり、及衆僧なり。而今の箇箇、ひそかに欲見仏をもよほすは、霊鷲山心をこらして欲見仏するなり。しかあれば、一心すでに霊鷲山なり、一身それ心に倶出せざらんや。倶一身心ならざらんや。身心すでにかくのごとし、寿者命者またかくのごとし。かるがゆゑに、自惜を霊鷲山の但惜無上道に一任す。このゆゑに我及衆僧、霊鷲山倶出なるを、見仏の一心と道取す。

釈迦牟尼仏、告大衆言、若説此経、則為見我、多宝如来、及諸化仏(若し此の経を説けば、則ち我と多宝如来及び諸の化仏を見ると為す)。

説此経は、我常住於此、以所神通力、令顛倒衆生、雖近而不見(我れ常に此に住するも、諸の神通力を以て、顛倒の衆生をして、近しと雖も見ざらしむ)なり。この表裏の神力如来に、則為見我等の功徳そなはる。

釈迦牟尼仏、告大衆言、能持是経者、則為已見我。亦見多宝仏、及諸分身者(能く是の経を持すれば、則ち已に我を見ると為す。亦た多宝仏及び諸の分身者を見る者なり)。

この経を持することかたきゆゑに、如来よのつねにこれをすすむ。もしおのづから持是経者あるは、すなはち見仏なり。はかりしりぬ、見仏すれば持経す。持経のもの、見仏のものなり。しかあればすなはち、乃至聞一偈一句受持するは、得見釈迦牟尼仏なり。亦見多宝仏なり、見諸分身仏なり、伝仏法蔵なり、得仏正眼なり、得見仏命なり、得仏向上眼なり、得仏頂眼なり、得仏鼻孔なり。

雲雷音宿王華智仏、告妙莊厳王言、大王当知、善知識者、是大因縁。所謂化導、令得見仏、発阿耨多羅三藐三菩提心(大王当に知るべし、善知識は、是れ大因縁なり。所謂化導は、仏を見て、阿耨多羅三藐三菩提心を発すことを得しむ)。

いまこの大会は、いまだむしろをまかず。過去現在未来の諸仏と称ずといへども、凡夫の三世に準的すべからず。いはゆる過去は心頭なり、現在は拳頭なり、未来は脳後なり。しかあれば、雲雷音宿王華智仏は、心頭現成の見仏なり。見仏の通語いまのごとし。化導は見仏なり、見仏は発阿耨多羅三藐三菩提心なり。発菩提心は見仏の頭正尾正なり。

釈迦牟尼仏言、諸有修功徳、柔和質直者、則皆見我身、在此而説法(諸の功徳を修すること有りて、柔和質直なる者は、則ち皆我が身此に在りて而も法を説くと見る)。

あらゆる功徳と称ずるは拕泥帯水なり、隨波逐浪なり。これを修するを吾亦如是、汝亦如是の柔和質直者といふ。これを泥裏に見仏しきたり、波心に見仏しきたる、在此而説法にあづかる。

しかあるに、近来大宋国に禅師と称ずるともがらおほし。仏法の縱横をしらず、見聞いとすくなし。わづかに臨済雲門の両三語を諳誦して、仏法の全道とおもへり。仏法もし臨済雲門の両三語に道尽せられば、仏法今日にいたるべからず。臨済雲門を仏法の為尊と称じがたし。

いかにいはんやいまのともがら、臨済雲門におよばず、不足言のやからなり。かれら、おのれが愚鈍にして仏経のこころあきらめがたきをもて、みだりに仏経を謗す。さしおきて修習せず。外道の流類といひぬべし。仏祖の児孫にあらず、いはんや見仏の境界におよばんや。孔子老子の宗旨になほいたらざるともがらなり。仏祖の屋裡児、かの禅師と称ずるやからにあひあふことなかれ。ただ見仏眼の眼睛を参究体達すべし。

先師天童古仏挙(先師天童古仏挙す)、
波斯匿王問賓頭盧尊者、承聞尊者、親見仏来、是否(波斯匿王、賓頭盧尊者に問ふ、承聞すらくは尊者、親り仏を見来ると、是なりや否や)。
尊者以手策起眉毛示之(尊者、手を以て眉毛を策起して之を示す)。

先師頌云、
策起眉毛答問端、
親曽見仏不相瞞。
至今応供四天下、
春在梅梢帯雪寒。
(眉毛を策起して問端に答ふ、親曽の見仏相瞞ぜず。今に至るまで四天下に応供す、春は梅梢に在り雪を帯して寒し。)

いはゆる見仏は、見自仏にあらず、見他仏にあらず、見仏なり。一枝梅は見一枝梅のゆゑに、開花明々なり。

いま波斯匿王の問取する宗旨は、尊者すでに見仏なりや、作仏なりやと問取するなり。尊者あきらかに眉毛を策起せり、見仏の証験なり、相瞞すべからず。至今していまだ休罷せず。応供あらはれてかくるることなし。親曽の見仏たどるべからず。

かの三億家の見仏といふは、この見仏なり。見三十二相にはあらず。見三十二相は、たれか境界をへだてん。この見仏の道理をしらざる人天声聞縁覚の類おほかるべし。

たとへば、払子を豎起するおほしといへども、払子を豎起するはおほきにあらずといふがごとし。見仏は被仏見成なり。たとひ自己は覆蔵せんことをおもふとも、見仏さきだちて漏泄せしむるなり。これ見仏の道理なり。如恆河沙数量の身心を功夫して、審細にこの策起眉毛の面目を参究すべし。

たとひ百千万劫の晝夜、つねに釈迦牟尼仏に共住せりとも、いまだ策起眉毛の力量なくは、見仏にあらず。たとひ二千余載よりこのかた、十万余里の遠方にありとも、策起眉毛の力量したしく見成せば、空王以前より見釈迦牟尼仏なり。見一枝梅なり、見梅梢春なり。しかあれば、親曽見仏は礼三拝なり、合掌問訊なり。破顔微笑なり、拳頭飛霹靂なり、跏趺坐蒲団なり。

賓頭盧尊者、赴阿育王宮大会斎。王行香次、作礼問尊者曰、承聞尊者、親見仏来、是否(賓頭盧尊者、阿育王宮の大会に赴いて斎す。王、行香の次でに、作礼して尊者に問うて曰く、承聞すらくは尊者、親り仏を見来ると、是なりや否や)。

尊者以手撥開眉毛曰、会麼(尊者、手を以て眉毛を撥開して曰く、会すや)。
王曰、不会。
尊者曰、阿那婆達多龍王、請仏斎時、貧道亦預其数(尊者曰く、阿那婆達多龍王、仏を請じて斎せし時、貧道も亦其の数に預かりき)。

いはゆる阿育王問の宗旨は、尊者親見仏来是否の言、これ尊者すでに尊者なりやと問著するなり。ときに尊者すみやかに眉毛を撥開す。これ見仏を出現於世せしむるなり、作仏を親見せしむるなり。

阿那婆達多龍王請仏斎時、貧道亦預其数といふ、しるべし、請仏の会には、唯仏与仏、稲麻竹葦すべし。四果支仏のあづかるべきにあらず。たとひ四果支仏きたれりとも、かれを挙して請仏のかずにあづかるべからず。

尊者すでに自称す、請仏斎時、貧道またそのかずなりきと。無端にきたれる自道取なり。見仏なる道理あきらかなり。

請仏といふは、請釈迦牟尼仏のみにあらず、請無量無尽三世十方一切諸仏なり。請諸仏の数にあづかる無諱不諱の親曽見仏なり。見仏見師、見自見汝の指示、それかくのごとくなるべし。

阿那婆達多龍王といふは、阿耨達池龍王なり。阿耨達池、ここには無熱悩池といふ。
保寧仁勇禅師頌曰、
我仏親見賓頭盧、
眉長髪短雙眉麁。
阿育王猶狐疑、
唵摩尼悉哩蘇嚧。
(我仏親り賓頭盧を見る、眉長く髪短く雙眉麁なり。阿育王なほ狐疑す、唵摩尼悉哩蘇嚧。)
この頌は、十成の道にあらざれども、趣向の参学なるがゆゑに拈来するなり。

趙州真際大師、因僧問、承聞和尚、親見南泉、是否(承聞すらくは和尚、親り南泉を見ると、是なりや否や)。
師曰、鎭州出大蘿蔔頭(鎭州に大蘿蔔頭を出す)。

いまの道現成は、親見南泉の証験なり。有語にあらず、無語にあらず。下語にあらず、通語にあらず。策起眉毛にあらず、撥開眉毛にあらず、親見眉毛なり。たとひ軼才の独歩なりとも、親見にあらずよりは、かくのごとくなるべからず。

この鎭州出大蘿蔔頭の語は、真際大師の鎭州竇家園真際院に住持なりしときの道なり。のちに真際大師の號をたてまつれり。

かくのごとくなるがゆゑに、見仏眼を参開するよりこのかた、仏祖正法眼蔵を正伝せり。正法眼蔵の正伝あるとき、仏見雍容の威儀現成し、見仏ここに巍々堂々なり。

正法眼蔵見仏第五十六

爾時寛元元年癸卯冬十一月朔十九日在禅師峰山示衆
寛元二年甲辰冬十月朔十六日在越州吉田縣大仏寺侍者寮書写之 懐弉

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめのページ💡
戒名や故人名を含むネット中継・個別法要実施→ZOOMで確認(10000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→仏事証書で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.