曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

「正法眼蔵」光明(こうみょう)

投稿日:2020年9月24日 更新日:

大宋国湖南長沙招賢大師、上堂示衆云、
尽十方界、是沙門眼。
(尽十方界、是れ沙門の眼)
尽十方界、是沙門家常語。
(尽十方界、是れ沙門の家常語)
尽十方界、是沙門全身。
(尽十方界、是れ沙門の全身)
尽十方界、是自己光明。
(尽十方界、是れ自己の光明)
尽十方界、自己在光明裏。
(尽十方界、自己の光明裏に在り)
尽十方界、無一人不是自己。
(尽十方界、一人として是れ自己にあらざる無し)

仏道の参学、かならず勤学すべし。転疎転遠なるべからず。これによりて光明を学得せる作家、まれなるものなり。

震旦国、後漢の孝明皇帝、帝諱は莊なり、廟号は顕宗皇帝とまうす。光武皇帝の第四の御子なり。孝明皇帝の御宇、永平十年戊辰のとし、摩騰迦、竺法蘭、はじめて仏教を漢国に伝来す。焚経台のまへに道士の邪徒を降伏し、諸仏の神力をあらはす。それよりのち、梁武帝の御宇、普通年中にいたりて、初祖みづから西天より南海の広州に幸す。これ正法眼蔵正伝の嫡嗣なり、釈迦牟尼仏より二十八世の法孫なり。ちなみに嵩山の少室峰少林寺に掛錫しまします。法を二祖太祖禅師に正伝せりし、これ仏祖光明の親曽なり。

それよりさきは仏祖の光明を見聞せるなかりき、いはんや自己の光明をしれるあらんや。たとひその光明は頂より担来して相逢すといへども、自己の眼睛に参学せず。このゆゑに、光明の長短方円をあきらめず、光明の巻舒斂放をあきらめず。光明の相逢を猒却するゆゑに、光明と光明と転疎転遠なり。この疎遠たとひ光明なりとも、疎遠に罣礙せらるるなり。

転疎転遠の臭皮袋おもはくは、仏光も自己光明も、赤白青黄にして火光水光のごとく、珠光玉光のごとく、龍天の光のごとく、日月の光のごとくなるべしと見解脱す。或従知識し、或従経巻すといへども、光明の言教をきくには、螢光のごとくならんとおもふ、さらに眼睛頂の参学にあらず。漢より隋唐宋および而今にいたるまで、かくのごとくの流類おほきのみなり。文字の法師に習学することなかれ、禅師胡乱の説、きくべからず。

いはゆる仏祖の光明は尽十方界なり、尽仏尽祖なり、唯仏与仏なり。仏光なり、光仏なり。仏祖は仏祖を光明とせり。この光明を修証して、作仏し、坐仏し、証仏す。このゆゑに、此光照東方万八千仏土の道著あり。これ話頭光なり。此光は仏光なり、照東方は東方照なり。東方は彼此の俗論にあらず、法界の中心なり、拳頭の中央なり。東方を罣礙すといへども、光明の八両なり。此土に東方あり、他土に東方あり、東方に東方ある宗旨を参学すべし。

万八千といふは、万は半拳頭なり、半即心なり。かならずしも十千にあらず、万々百万等にあらず。仏土といふは、眼睛裡なり。照東方のことばを見聞して、一条白練去を東方へひきわたせらんがごとくに憶想参学するは学道にあらず。尽十方界は東方のみなり、東方を尽十方界といふ。このゆゑに尽十方界あるなり。尽十方界と開演説する話頭すなはち万八千仏土の聞声するなり。

唐憲宗皇帝は、穆宗、宣宗、両皇帝の帝父なり。敬宗、文宗、武宗、三皇帝の祖父なり。仏舍利を拝請して、入内供養のちなみに、夜放光明あり。皇帝大絓し、早朝の群臣、みな賀表をたてまつるにいはく、陛下の聖徳聖感なり。

ときに一臣あり、韓愈文公なり。字は退之といふ。かつて仏祖の席末に参学しきたれり。文公ひとり賀表せず。
憲宗皇帝宣問す、群臣みな賀表をたてまつる、卿なんぞ賀表せざる。
文公奏対す、微臣かつて仏書をみるにいはく、仏光は青黄赤白にあらず。いまのこれ龍神衛護の光明なり。
皇帝宣問す、いかにあらんかこれ仏光なる。
文公無対なり。

いまこの文公、これ在家の士俗なりといへども、丈夫の志気あり。回天転地の材といひぬべし。かくのごとく参学せん、学道の初心なり。不如是学は非道なり。たとひ講経して天花をふらすとも、いまだこの道理にいたらずは、いたづらの功夫なり。たとひ十聖三賢なりとも、文公と同口の長舌を保任せんとき、発心なり修証なり。

しかありといへども、韓文公なほ仏書を見聞せざるところあり。いはゆる仏光非青黄赤白等の道、いかにあるべしとか学しきたれる。卿もし青黄赤白をみて仏光にあらずと参学するちからあらば、さらに仏光をみて青黄赤白とすることなかれ。憲宗皇帝もし仏祖ならんには、かくのごとくの宣問ありぬべし。

しかあれば明々の光明は百草なり。百草の光明、すでに根茎枝葉、花菓光色、いまだ与奪あらず。五道の光明あり、六道の光明あり。這裏是什麼処在なればか、説光説明する。云何忽生山河大地なるべし。長沙道の尽十方界、是自己光明の道取を審細に参学すべきなり。光明、自己、尽十方界を参学すべきなり。

生死去来は光明の去来なり。超凡越聖は、光明の藍朱なり。作仏作祖は、光明の玄黄なり。修証はなきにあらず、光明の染汚なり。草木牆壁、皮肉骨髓、これ光明の赤白なり。烟霞水石、鳥道玄路、これ光明の回環なり。自己の光明を見聞するは、値仏の証験なり、見仏の証験なり。尽十方界は是自己なり。是自己は尽十方界なり。回避の余地あるべからず。たとひ回避の地ありとも、これ出身の活路なり。而今の髑髏七尺、すなはち尽十方界の形なり、象なり。仏道に修証する尽十方界は、髑髏形骸、皮肉骨髓なり。

雲門山大慈雲匡真大師は、如来世尊より三十九世の児孫なり。法を雪峰真覚大師に嗣す。仏衆の晩進なりといへども、祖席の英雄なり。たれか雲門山に光明仏の未曽出世と道取せん。

あるとき、上堂示衆云、人々尽有光明在、看時不見暗昏昏、作麼生是諸人光明在(人々尽く光明の在る有り、看る時見ず暗昏昏なり。作麼生ならんか是れ諸人の光明在ること)。
衆無対(衆、対ふること無し)。
自代云(自ら代て云く)、僧堂仏殿廚庫三門。

いま大師道の人々尽有光明在は、のちに出現すべしといはず、往世にありしといはず、傍観の現成といはず。人々、自有、光明在と道取するを、あきらかに聞持すべきなり。百千の雲門をあつめて同参せしめ、一口同音に道取せしむるなり。人々、尽有、光明在は、雲門の自構にあらず、人々の光明みづから拈光為道なり。人々尽有光明とは、渾人自是光明在なり。光明といふは人々なり。光明を拈得して、依報正報とせり。光明尽有人々在なるべし、光明自是人々在なり、人々自有人々在なり、光々自有光々在なり、有々尽有々々在なり、尽々有々尽々在なり。

しかあればしるべし、人々尽有の光明は、現成の人々なり。光々、尽有の人々なり。しばらく雲門にとふ、なんぢなにをよんでか人々とする、なにをよんでか光明とする。
雲門みづからいはく、作麼生是光明在。

この問著は、疑殺話頭の光明なり。しかあれども、恁麼道著すれば、人々、光々なり。
ときに衆無対。
たとひ百千の道得ありとも、無対を拈じて道著するなり。これ仏祖使用伝の正法眼蔵涅槃妙心なり。
雲門自代云、僧堂仏殿廚庫三門。

いま道取する自代は、雲門に自代するなり、大衆に自代するなり、光明に自代するなり。僧堂仏殿廚庫三門に自代するなり。しかあれども、雲門なにをよんでか僧堂仏殿廚庫三門とする。大衆および人々をよんで僧堂仏殿廚庫三門とすべからず。いくばくの僧堂仏殿廚庫三門かある。雲門なりとやせん、七仏なりとやせん。四七なりとやせん、二三なりとやせん。拳頭なりとやせん、鼻孔なりとやせん。いはくの僧堂仏殿廚庫三門、たとひいづれの仏祖なりとも、人々をまぬかれざるものなり。このゆゑに人々にあらず。しかありしよりこのかた、有仏殿の無仏なるあり、無仏殿の無仏なるあり。有光仏あり、無光仏あり。無仏光あり、有仏光あり。

雪峰山真覚大師、示衆云、僧堂前、与諸人相見了也(僧堂前に、僧人と相見し了れり)。

これすなはち雪峰の神通身是眼睛時なり、雪峰の雪峰を覷見する時節なり。僧堂の僧堂と相見するなり。
保福、挙問鵞湖、僧堂前且置、什麼処望州亭、烏石嶺相見(保福、挙して鵞湖に問ふ、僧堂前は且く置く、什麼の処か望州亭、烏石嶺の相見なる)。
鵞湖、驟歩帰方丈(鵞湖、驟歩して方丈に帰る)。
保福、便入僧堂(保福便ち僧堂に入る)。
いま帰方丈、入僧堂、これ話頭出身なり。相見底の道理なり、相見了也僧堂なり。

地蔵院真応大師云、典座入庫堂(典座庫堂に入る)。
この話頭は、七仏已前事なり。

正法眼蔵光明第十五

仁治三年壬寅夏六月二日夜、三更四点、示衆于観音導利興聖宝林寺。于時梅雨霖霖、簷頭滴々。作麼生是光明在。大家未免雲門道覷破
寛元甲辰臘月中三日在越州大仏寺之侍司書写之 懐弉

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめ💡
法要依頼 お布施3000円~(法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養/オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能)

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.