曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

礼拝得髄(らいはいとくずい)「正法眼蔵」

投稿日:2020年9月24日 更新日:

修行阿耨多羅三藐三菩提の時節には、導師をうることもともかたし。その導師は、男女等の相にあらず、大丈夫なるべし、恁麼人なるべし。古今人にあらず、野狐精にして善知識ならん。これ得髓の面目なり、導利なるべし。不昧因果なり、儞我渠なるべし。

すでに導師に相逢せんよりこのかたは、万縁をなげすてて、寸陰をすごさず精進弁道すべし。有心にても修行し、無心にても修行し、半心にても修行すべし。

しかあるを、頭燃をはらひ、翹足を学すべし。かくのごとくすれば、訕謗の魔党にをかされず、断臂得髓の祖、さらに他にあらず、脱落身心の師、すでに自なりき。

髓をうること、法をつたふること、必定して至誠により、信心によるなり。誠心ほかよりきたるあとなし、内よりいづる方なし。ただまさに法をおもくし、身をかろくするなり。世をのがれ、道をすみかとするなり。

いささかも身をかへりみること法よりおもきには、法つたはれず、道うることなし。その法をおもくする志気、ひとつにあらず。他の教訓をまたずといへども、しばらく一二を挙拈すべし。

いはく、法をおもくするは、たとひ露柱なりとも、たとひ燈籠なりとも、たとひ諸仏なりとも、たとひ野干なりとも、鬼神なりとも、男女なりとも、大法を保任し、吾髓を汝得せるあらば、身心を床座にして、無量劫にも奉事するなり。身心はうることやすし、世界に稲麻竹葦のごとし、法はあふことまれなり。

釈迦牟尼仏のいはく、無上菩提を演説する師にあはんには、種姓を観ずることなかれ、容顔をみることなかれ、非をきらふことなかれ、行をかんがふることなかれ。ただ般若を尊重するがゆゑに、日日に百千両の金を食せしむべし、天食をおくりて供養すべし、天花を散じて供養すべし。

日々三時、礼拝し恭敬して、さらに患悩の心を生ぜしむることなかれ。かくのごとくすれば、菩提の道、かならずところあり。われ発心よりこのかた、かくのごとく修行して、今日は阿耨多羅三藐三菩提をえたるなり。

しかあれば、若樹若石もとかましとねがひ、若田若里もとかましともとむべし。露柱に問取し、牆壁をしても参究すべし。むかし、野干を師として礼拝問法する天帝釈あり、大菩薩の称つたはれり、依業の尊卑によらず。

しかあるに、不聞仏法の愚癡のたぐひおもはくは、われは大比丘なり、年少の得法を拝すべからず、われは久修練行なり、得法の晩学を拝すべからず、われは師号に署せり、師号なきを拝すべからず、われは法務司なり、得法の余僧を拝すべからず、われは僧正司なり、得法の俗男俗女を拝すべからず、われは三賢十聖なり、得法せりとも、比丘尼等を礼拝すべからず、われは帝胤なり、得法なりとも、臣家相門を拝すべからずといふ。かくのごとくの癡人、いたづらに父国をはなれて他国の道路に跉跰(りょうび)するによりて、仏道を見聞せざるなり。

むかし、唐朝趙州真際大師、こころをおこして発足行脚せしちなみにいふ、たとひ七歳なりとも、われよりも勝ならば、われ、かれにとふべし。たとひ百歳なりとも、われよりも劣ならば、われ、かれををしふべし。

七歳に問法せんとき、老漢礼拝すべきなり。奇夷の志気なり、古仏の心術なり。得道得法の比丘尼出世せるとき、求法参学の比丘僧、その会に投じて礼拝問法するは、参学勝躅なり。たとへば、渇に飲にあふがごとくなるべし。

震旦国の志閑禅師は臨済下の尊宿なり。臨済ちなみに師のきたるをみて、とりとどむるに、師いはく、領也。
臨済はなちていはく、旦放儞一頓。
これより臨済の子となれり。

臨済をはなれて末山にいたるに、末山とふ、近離甚処。
師いはく、路口。
末山いはく、なんぢなんぞ蓋却しきたらざる。
師無語。すなはち礼拝して師資の礼をまうく。
師、かへりて末山にとふ、いかならんかこれ末山。
末山いはく、不露頂。
師いはく、いかならんかこれ山中人。
末山いはく、非男女等相。
師いはく、なんぢなんぞ変ぜざる。
末山いはく、これ野狐精にあらず、なにをか変ぜん。
師、礼拝す。

つひに発心して園頭をつとむること始終三年なり。のちに出世せりし時、衆にしめしていはく、われ臨済爺々のところにして半杓を得しき、末山孃孃のところにして半杓を得しき。ともに一杓につくりて喫しおはりて、直至如今飽餉々なり。

いまこの道をききて、昔日のあとを慕古するに、末山は高安大愚の神足なり、命脈ちからありて志閑の孃となる。臨済は黄檗運師の嫡嗣なり、功夫ちからありて志閑の爺となる。爺とはちちといふなり、孃とは母といふなり。志閑禅師の末山尼了然を礼拝求法する、志気の勝躅なり、晩学の慣節なり。撃関破節といふべし。

妙信尼は仰山の弟子なり。仰山ときに廨院主を選するに、仰山、あまねく勤舊前資等にとふ、たれ人かその仁なる。

問答往来するに、仰山つひにいはく、信淮子これ女流なりといへども大丈夫の志気あり。まさに廨院主とするにたへたり。
衆みな応諾す。

妙信つひに廨院主に充す。ときに仰山の会下にある龍象うらみず。まことに非細の職にあらざれども、選にあたらん自己としては自愛しつべし。

充職して廨院にあるとき、蜀僧十七人ありて、儻をむすびて尋師訪道するに、仰山にのぼらんとして薄暮に廨院に宿す。歇息する夜話に、曹谿高祖の風幡話を挙す。十七人おのおのいふこと、みな道不是なり。ときに廨院主、かべのほかにありてききていはく、十七頭瞎驢、をしむべし、いくばくの草鞋をかつひやす。仏法也未夢見在。

ときに行者ありて、廨院主の僧を不肯するをききて十七僧にかたるに、十七僧ともに廨院主の不肯するをうらみず。おのれが道不得をはぢて、すなはち威儀を具し、焼香礼拝して請問す。

廨院主いはく、近前来。
十七僧、近前するあゆみいまだやまざるに、廨院主いはく、不是風動、不是幡動、不是心動。

かくのごとく為道するに、十七僧ともに有省なり。礼謝して師資の儀をなす。すみやかに西蜀にかへる。つひに仰山にのぼらず。まことにこれ三賢十聖のおよぶところにあらず、仏祖嫡々の道業なり。

しかあれば、いまも住持および半座の職むなしからんときは、比丘尼の得法せらんを請すべし。比丘の高年宿老なりとも、得法せざらん、なにの要かあらん。為衆の主人、かならず明眼によるべし。

しかあるに、村人の身心に沈溺せらんは、かたくなにして、世俗にもわらひぬべきことおほし。いはんや仏法には、いふにたらず。又女人および姉姑等の、伝法の師僧を拝不肯ならんと擬するもありぬべし。これはしることなく、学せざるゆゑに、畜生にはちかく、仏祖にはとほきなり。

一向に仏法に身心を投ぜんことを、ふかくたくはふるこころとせるは、仏法かならず人をあはれむことあるなり。おろかなる人天、なほまことを感ずるおもひあり。諸仏の正法、いかでかまことに感応するあはれみなからん。土石沙礫にも誠感の至神はあるなり。

見在大宋国の寺院に、比丘尼の掛搭せるが、もし得法の声あれば、官家より尼寺の住持に補すべき詔をたまふには、即寺にて上堂す。住持以下衆僧、みな上参して立地聴法するに、問話も比丘僧なり、これ古来の規矩なり。

得法せらんはすなはち一箇の真箇なる古仏にてあれば、むかしのたれにて相見すべからず。かれわれをみるに、新条の特地に相接す。われかれをみるに、今日須入今日の相待なるべし。

たとへば、正法眼蔵を伝持せらん比丘尼は、四果支仏および三賢十聖もきたりて礼拝問法せんに、比丘尼この礼拝をうくべし。男児なにをもてか貴ならん。虚空は虚空なり、四大は四大なり、五蘊は五蘊なり。女流も又かくのごとし、得道はいづれも得道す。ただし、いづれも得法を敬重すべし、男女を論ずることなかれ。これ仏道極妙の法則なり。

又、宋朝に居士といふは、未出家の士夫なり。庵居して夫婦そなはれるもあり、又孤独潔白なるもあり。なほ塵労稠林といひぬべし。しかあれども、あきらむるところあるは、雲衲霞袂あつまりて礼拝請益すること、出家の宗匠におなじ。たとひ女人なりとも、畜生なりとも、又しかあるべし。

仏法の道理いまだゆめにもみざらんは、たとひ百歳なる老比丘なりとも、得法の男女におよぶべきにあらず。うやまふべからず。ただ賓主の礼のみなり。

仏法を修行し、仏法を道取せんは、たとひ七歳の女流なりとも、すなはち四衆の導師なり、衆生の慈父なり。たとへば龍女成仏のごとし。供養恭敬せんこと、諸仏如来にひとしかるべし。これすなはち仏道の古儀なり。しらず、単伝せざらんは、あはれむべし。

延応庚子清明日記観音導利興聖宝林寺

又、和漢の古今に、帝位にして女人あり。その国土、みなこの帝王の所領なり、人みなひの臣となる。これは、人をうやまふにあらず、位をうやまふなり。比丘尼も又その人をうやまふことは、むかしよりなし。ひとへに得法をうやまふなり。

又、阿羅漢となれる比丘尼あるには、四果にしたがふ功徳みなきたる。功徳なほしたがふ、人天たれか四果の功徳よりもすぐれん。三界の諸天みなおよぶところにあらず、しかしながらすつるものとなる。諸天みなうやまふところなり。

況や如来の正法を伝来し、菩薩の大心をおこさん、たれのうやまはざるかあらん。これをうやまはざらんは、おのれがをかしなり。おのれが無上菩提をうやまはざれば、謗法の愚癡なり。

又わが国には、帝者のむすめ或は大臣のむすめの、后宮に準ずるあり、又皇后の院号せるあり。これら、かみをそれるあり、かみをそらざるあり。しかあるに、貪名愛利の比丘僧に似たる僧侶、この家門にわしるに、かうべをはきものにうたずと云ことなし。なほ主徒よりも劣なり、況やまた奴僕となりてとしをふるもおほし。

あはれなるかな、小国辺地にうまれぬるに、如是の邪風ともしらざることは。天竺唐土にはいまだなし、我国にのみあり。悲しむべし、あながちに鬢髪をそりて如来の正法をやぶる、深重の罪業と云べし。これひとへに夢幻空花の世途をわするるによりて、女人の奴僕と繋縛せられたること、かなしむべし。いたづらなる世途のため、なほかくの如す。

無上菩提のため、なんぞ得法のうやまふべきをうやまはざらん。これは法をおもくするこころざしあさく、法をもとむるこころざしあまねからざるゆゑなり。すでにたからをむさぼるとき、女人のたからにてあればうべからずとおもはず。

法をもとめんときは、このこころざしにはすぐるべし。もししかあらば、草木牆壁も正法をほどこし、天地万法も正法をあたふるなり。かならずしるべき道理なり。真善知識にあふといへども、いまだこの志気をたてて法をもとめざるときは、法水のうるほひかうぶらざるなり。審細に功夫すべし。

又、いま至愚のはなはだしき人おもふことは、女流は貪婬所対の境界にてありとおもふこころをあらためずしてこれをみる。仏子如是あるべからず。婬所対の境となりぬべしとていむことあらば、一切男子も又いむべきか。

染汚の因縁となることは、男も境となる、女も境縁となる。非男非女も境縁となる、夢幻空花も境縁となる。あるいは水影を縁として非梵行あることありき、あるいは天日を縁として非梵行ありき。神も境となる、鬼も境となる。その縁かぞへつくすべからず。八万四千の境界ありと云ふ、これみなすつべきか、みるべからざるか。

律云、男二所、女三所、おなじくこれ波羅夷不共住。
しかあれば、婬所対の境になりぬべしとてきらはば、一切の男子と女人と、たがひにあひきらうて、さらに得度の期あるべからず。この道理、子細に撿点すべし。

又、外道も妻なきあり。妻なしといへども、仏法に入らざれば邪見の外道なり。仏弟子も、在家の二衆は夫婦あり。夫婦あれども、仏弟子なれば、人中天上にも、肩をひとしくする余類なし。

又、唐国にも愚癡僧ありて願志を立するに云く、生々世々ながく女人をみることなからん。この願、なにの法にかよる。世法によるか、仏法によるか、外道の法によるか、天魔の法によるか。

女人なにのとがかある、男子なにの徳かある。悪人は男子も悪人なるあり、善人は女人も善人なるあり。聞法をねがひ出離をもとむること、かならず男子女人によらず。もし未断惑のときは、男子女人おなじく未断惑なり。

断惑証理のときは、男子女人、簡別さらにあらず。又ながく女人をみじと願せば、衆生無辺誓願度のときも、女人をばすつべきか。捨てば菩薩にあらず、仏慈悲と云はんや。ただこれ声聞の酒にゑふことふかきによりて、醉狂の言語なり。人天これをまことと信ずべからず。

又、むかし犯罪ありしとてきらはば、一切発心の菩薩をもきらふべし。もしのちに犯罪ありぬべしとてきらはば、一切発心の菩薩をもきらふべし。如此きらはば、一切みなすてん。

なにによりてか仏法現成せん。如是のことばは、仏法をしらざる癡人の狂言なり。かなしむべし、もしなんぢが願の如くにあらば、釈尊および在世の諸菩薩、みな犯罪ありけるか、又なんぢよりも菩提心あさかりけるか。しづかに観察すべし、附法蔵の祖師および仏在世の菩薩この願なくは、仏法にならふべき処やあると参学すべきなり。

もし汝が願のごとくにあらば、女人を済度せざるのみにあらず、得法の女人世にいでて、人天のために説法せんときも、来りてきくべからざるか。もし来りてきかずは、菩薩にあらず、すなはち外道なり。

今大宋国をみるに、久修練行に似たる僧侶の、いたづらに海沙をかぞへて、生死海に流浪せるあり。女人にてあるとも、参尋知識し、弁道功夫して、人天の導師にてあるなり。餅をうらず、餅をすてし老婆等あり。あはれむべし、男子の比丘僧にてあれども、いたづらに教海のいさごをかぞへて、仏法はゆめにもいまだみざることを。

およそ境をみては、あきらむることをならふべし。おぢてにぐるとのみならふは、小乗声聞の教行なり。東をすてて西にかくれんとすれば、西にも境界なきにあらず。たとへにげぬるとおもふとあきらめざるにも、遠にても境なり、近にても境なり。なほこれ解脱の分にあらず。遠境はいよいよ深かるべし。

又、日本国にひとつのわらひごとあり。いはゆる或は結界の地と称じ、あるいは大乗の道場と称じて、比丘尼女人等を来入せしめず。邪風ひさしくつたはれて、人わきまふることなし。稽古の人あらためず、博達の士もかんがふることなし。

或は權者の所為と称じ、あるいは古先の遺風と号して、更に論ずることなき、笑はば人の腸も断じぬべし。權者とはなに者ぞ。賢人か聖人か、神か鬼か、十聖か三賢か、等覚か妙覚か。又、ふるきをあらためざるべくは、生死流転をばすつべからざるか。

いはんや大師釈尊、これ無上正等覚なり。あきらむべきは、ことごとくあきらむ。おこなふべきは、ことごとくこれをおこなふ。解脱すべきはみな解脱せり。いまのたれか、ほとりにもおよばん。

しかあるに、在世の仏会に、みな比丘、比丘尼、優婆塞、優婆夷等の四衆あり。八部あり、三十七部あり、八万四千部あり。みなこれ仏界を結せること、あらたなる仏会なり。いづれの会か比丘尼なき、女人なき、八部なき。如来在世の仏会よりもすぐれて清浄ならん結界をば、われらねがふべきにあらず、天魔界なるがゆゑに。仏会の法儀は、自界他方、三世千仏、ことなることなし。ことなる法あらんは、仏会にあらずとしるべし。

いはゆる四果は極位なり。大乗にても小乗にても、極位の功徳は差別せず。然あるに、比丘尼の四果を証するおほし。三界のうちにも十方の仏土にも、いづれの界にかいたらざらん。たれかこの行履をふさぐことあらん。

又、妙覚は無上位なり。女人すでに作仏す、諸方いづれのものか究尽せられざらん。たれかこれをふさぎて、いたらしめざらんと擬せん。すでに遍照於十方の功徳あり、界畔いかがせん。

又、天女をもふさぎていたらしめざるか、神女もふさぎていたらしめざるか。天女神女もいまだ断惑の類にあらず、なほこれ流転の衆生なり。犯罪あるときはあり、なきときはなし。人女畜女も、罪あるときはあり、罪なきときはなし。天のみち、神のみち、ふさがん人はたれぞ。すでに三世の諸仏会に参詣す、仏所に参学す。仏所仏会にことならん、たれか仏法と信受せん。ただこれ誑惑世間人の至愚也。野干の、窟穴を人にうばはれざらんとをしむよりもおろかなり。

又、仏弟子の位は、菩薩にもあれ、たとひ声聞にもあれ、第一比丘、第二比丘尼、第三優婆塞、第四優婆夷、かくのごとし。この位、天上人間ともにしれり。ひさしくきこえたり。

しかあるを、仏弟子第二の位は、転輪聖王よりもすぐれ、釈提桓因よりもすぐるべし、いたらざる処あるべからず。いはんや小国辺土の国王大臣の位にならぶべきにあらず。いま比丘尼いるべからずと云道場をみるに、田夫野人農夫樵翁みだれ入る。況や国王、大臣、百官、宰相たれか入らざるあらん。

田夫等と比丘尼と、学道を論じ、得位を論ぜんに、勝劣つひにいかん。たとひ世法にて論ずとも、たとひ仏法にて論ずとも、比丘尼のいたらん処へ、田夫野人あへていたるべからず。錯乱のはなはだしき、小国はじめてこのあとをのこす。あはれむべし、三界慈父の長子、小国にきたりて、ふさぎていたらしめざる処ありき。

又、かの結界と称ずる処にすめるやから、十悪おそるることなし、十重つぶさにをかす。ただ造罪界として不造罪人をきらふか。況や逆罪をおもきこととす。結界の地にすめるもの、逆罪もつくりぬべし。かくのごとくの魔界は、まさにやぶるべし。仏化を学すべし、仏界にいるべし。まさに仏恩を報ずるにてあらん。如是の古先、なんぢ結界の旨趣をしれりやいなや。たれよりか相承せりし、たれが印をかかうぶれる。

いはゆるこの諸仏所結の大界にいるものは、諸仏も衆生も、大地も虚空も、繋縛を解脱し、諸仏の妙法に帰源するなり。しかあれば即ち、この界をひとたびふむ衆生、しかしながら仏功徳をかうぶるなり。不違越の功徳あり、得清浄の功徳あり。

一方を結するとき、すなはち法界みな結せられ、一重を結するとき、法界みな結せらるるなり。あるいは水をもて結する界あり、或は心をもて結界することあり、或は空をもて結界することあり。かならず相承相伝ありて知るべきこと在り。

況や結界のとき、灑甘露の後ち、帰命の礼をはり、乃至浄界等の後ち、頌に云、茲界遍法界、無為結清浄。

この旨趣、いまひごろ結界と称ずる古先老人知れりやいなや。おもふに、なんだち、結の中に遍法界の結せらるること、しるべからざるなり。しりぬ、なんぢ声聞の酒にゑうて、小界を大事とおもふなり。願くはひごろの迷醉すみやかにさめて、諸仏の大界の遍界に違越すべからざる、済度摂受に一切衆生みな化をかうぶらん、功徳を礼拝恭敬すべし。たれかこれを得道髓といはざらん。

正法眼蔵礼拝得髓

仁治元年庚子冬節前日書于興聖寺

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめのページ💡
戒名や故人名を含むネット中継・個別法要実施→ZOOMで確認(10000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→仏事証書で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.