曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

心不可得(しんふかとく)「正法眼蔵」

投稿日:2020年9月24日 更新日:

釈迦牟尼仏言、過去心不可得、現在心不可得、未来心不可得。

これ仏祖の参究なり。不可得裏に過去現在未来の窟籠を剜来せり。しかれども、自家の宿籠をもちゐきたれり。いはゆる自家といふは、心不可得なり。而今の思量分別は、心不可得なり。使得十二時の渾身、これ心不可得なり。仏祖の入室よりこのかた、心不可得を会取す。いまだ仏祖の入室あらざれば、心不可得の問取なし、道著なし、見聞せざるなり。経師論師のやから、声聞縁覚のたぐひ、夢也未見在なり。

その験ちかきにあり、いはゆる徳山宣鑑禅師、そのかみ金剛般若経をあきらめたりと自称す、あるいは周金剛王と自称す。ことに青龍疏をよくせりと称ず。さらに十二担の書籍を撰集せり、斉肩の講者なきがごとし。しかあれども、文字法師の末流なり。あるとき、南方に嫡々相承の無上仏法あることをききて、いきどほりにたへず、経疏をたづさへて山川をわたりゆく。ちなみに龍潭の信禅師の会にあへり。かの会に投ぜんとおもむく、中路に歇息せり。ときに老婆子きたりあひて、路側に歇息せり。

ときに鑑講師とふ。なんぢはこれなに人ぞ。

婆子いはく、われは買餅の老婆子なり。

徳山いはく、わがためにもちひをうるべし。

婆子いはく、和尚もちひをかうてなにかせん。

徳山いはく、もちひをかうて点心にすべし。

婆子いはく、和尚のそこばくたづさへてあるは、それなにものぞ。

徳山いはく、なんぢきかずや、われはこれ周金剛王なり。金剛経に長ぜり、通達せずといふところなし。わがいまたづさへたるは、金剛経の解釈なり。

かくいふをききて、婆子いはく、老婆に一問あり、和尚これをゆるすやいなや。

徳山いはく、われいまゆるす。なんぢ、こころにまかせてとふべし。

婆子いはく、われかつて金剛経をきくにいはく、過去心不可得、現在心不可得、未来心不可得。いまいづれの心をか、もちひをしていかに点ぜんとかする。和尚もし道得ならんには、もちひをうるべし。和尚もし道不得ならんには、もちひをうるべからず。

徳山ときに茫然として祇対すべきところをおぼえざりき。婆子すなはち払袖していでぬ。つひにもちひを徳山にうらず。

うらむべし、数百軸の釈主、数十年の講者、わづかに弊婆の一問をうるに、たちまちに負処に墮して、祇対におよばざること。正師をみると正師に師承せると、正法をきけると、いまだ正法をきかず正法をみざると、はるかにこのなるによりて、かくのごとし。

徳山このときはじめていはく、画にかけるもちひ、うゑをやむるにあたはずと。

いまは龍潭に嗣法すと称ず。

つらつらこの婆子と徳山と相見する因縁をおもへば、徳山のむかしあきらめざることは、いまきこゆるところなり。龍潭をみしよりのちも、なほ婆子を怕却しつべし。なほこれ参学の晩進なり、超証の古仏にあらず。婆子そのとき徳山を杜口せしむとも、実にその人なること、いまださだめがたし。

そのゆゑは、心不可得のことばをききては、心、うべからず、心、あるべからずとのみおもひて、かくのごとくとふ。徳山もし丈夫なりせば、婆子を勘破するちからあらまし。すでに勘破せましかば、婆子まことにその人なる道理もあらはるべし。徳山いまだ徳山ならざれば、婆子その人なることもいまだあらはれず。

現在大宋国にある雲衲霞袂、いたづらに徳山の対不得をわらひ、婆子が霊利なることをほむるは、いとはかなかるべし、おろかなるなり。そのゆゑは、婆子を疑著する、ゆゑなきにあらず。いはゆるそのちなみ、徳山道不得ならんに、婆子なんぞ徳山にむかうていはざる、和尚いま道不得なり、さらに老婆にとふべし、老婆かへりて和尚のためにいふべし。

かくのごとくいひて、徳山の問をえて、徳山にむかうていふこと道是ならば、婆子まことにその人なりといふことあらはるべし。問著たとひありとも、いまだ道処あらず。むかしよりいまだ一語をも道著せざるをその人といふこと、いまだあらず。いたづらなる自称の始終、その益なき、徳山のむかしにてみるべし。いまだ道処なきものをゆるすべからざること、婆子にてしるべし。

こころみに徳山にかはりていふべし、婆子まさしく恁麼問著せんに、徳山すなはち婆子にむかひていふべし、恁麼則莫与吾売餅(恁麼ならば則ち吾が与に餅を売ること莫れ)。
もし徳山かくのごとくいはましかば、伶利の参学ならん。

婆子もし徳山とはん、現在心不可得、過去心不可得、未来心不可得。いまもちひをしていづれの心をか点ぜんとかする。

かくのごとくとはんに、婆子すなはち徳山にむかふていふべし、和尚はただもちひの心を点ずべからずとのみしりて、心のもちひを点ずることをしらず、心の心を点ずることをもしらず。

恁麼いはんに、徳山さだめて擬議すべし。当恁麼時、もちひ三枚を拈じて徳山に度与すべし。徳山とらんと擬せんとき、婆子いふべし、過去心不可得、現在心不可得、未来心不可得。

もし又徳山展手擬取せずば、一餅を拈じて徳山をうちていふべし、無魂屍子、莫茫然(無魂の屍子、茫然なること莫れ)。

かくのごとくいはんに、徳山いふことあらばよし、いふことなからんには、婆子さらに徳山のためにいふべし。ただ払袖してさる、そでのなかに蜂ありともおぼえず。徳山も、われはいふことあたはず、老婆わがためにいふべしともいはず。

しかあれば、いふべきをいはざるのみにあらず、とふべきをもとはず。あはれむべし、婆子徳山、過去心、未来心、現在心、問著道著、未来心不可得なるのみなり。

おほよそ徳山それよりのちも、させる発明ありともみえず、ただあらあらしき造次のみなり。ひさしく龍潭にとぶらひせば、頭角触折することもあらまし、頷珠を正伝する時節にもあはまし。わづかに吹滅紙燭をみる、伝燈に不足なり。

しかあれば、参学の雲水、かならず勤学なるべし、容易にせしは不是なり、勤学なりしは仏祖なり。おほよそ心不可得とは、画餅一枚を買弄して、一口に咬著嚼著するをいふ。

正法眼蔵第八

爾時仁治二年辛丑夏安居于雍州宇治郡観音導利興聖宝林寺示衆

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→仏事証書で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.