曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

出家(しゅっけ)「正法眼蔵」

投稿日:2020年9月24日 更新日:

禅苑清規云、三世諸仏、皆曰出家成道。西天二十八祖、唐土六祖、伝仏心印、尽是沙門。蓋以厳浄毘尼、方能洪範三界。然則、参禅問道、戒律為先。既非離過防非、何以成仏作祖

(禅苑清規に云く、三世諸仏、皆な出家成道と曰ふ。西天二十八祖、唐土六祖、仏心印を伝ふるは、尽く是れ沙門なり。蓋し毘尼を厳浄するを以て、方に能く三界に洪範たり。然れば則ち参禅問道は戒律為先なり。既に過を離れ非を防ぐに非ざれば、何を以てか成仏作祖せん)。

受戒之法、応備三衣鉢具并新浄衣物。如無新衣、浣染令浄、入壇受戒。不得借衣鉢。一心專注、愼勿異縁。像仏形儀、具仏戒律、得仏受用、此非小事、豈可軽心。若借衣鉢、雖登壇受戒、竝不得戒。若不曽受、一生為無戒之人。濫廁空門、虚受信施。初心入道、法律未諳、師匠不言、陷人於此。今茲苦口、敢望銘心

(受戒の法は、応に三衣、鉢具并に新浄の衣物を備ふべし。新衣無きが如きは、浣染して浄からしめて、入壇受戒すべし。衣鉢を借ること得ざれ。一心專注して、愼んで異縁なかるべし。仏の形儀を像り、仏の戒律を具す、仏受用を得。此れは小事に非ず、豈に軽心すべけんや。若し衣鉢を借らば、登壇受戒すと雖も竝びに得戒せず。若し曽受せずは、一生無戒の人為り。濫りに空門に廁つて、虚しく信施を受けん。初心の入道は、法律未だ諳んぜず、師匠言はずは、人を此に陷さん。今茲に苦口す、敢へて望すらくは心に銘ずべし)。

既受声聞戒、応受菩薩戒。此入法之漸也(既に声聞戒を受けては、応に菩薩戒を受くべし。此れ入法の漸なり)。

あきらかにしるべし、諸仏諸祖の成道、ただこれ出家受戒のみなり。諸仏諸祖の命脈、ただこれ出家受戒のみなり。いまだかつて出家せざるものは、ならびに仏祖にあらざるなり。仏をみ、祖をみるとは、出家受戒するなり。

摩訶迦葉、隨順世尊、志求出家、冀度諸有。仏言善来比丘、鬢髪自落、袈裟著体(摩訶迦葉、世尊に隨順して出家を志求す、諸有を度せんことを冀ふ。仏、善来比丘と言へば、鬢髪自落し、袈裟著体す)。
ほとけを学して諸有を解脱するとき、みな出家受戒する勝躅、かくのごとし。

大般若波羅蜜経第三云、
仏世尊言、若菩薩摩訶薩、作是思惟、我於何時、当捨国位、出家之日、即成無上正等菩提、還於是日、転妙法輪。即令無量無数有情、遠塵離垢、生浄法眼、復令無量無数有情、永尽諸漏、心慧解脱、亦令無量無数有情、皆於無上正等菩提、得不退転。是菩薩摩訶薩、欲成斯事、応学般若波羅蜜

(仏世尊言はく、若し菩薩摩訶薩是の思惟を作さん、我れ何れの時に於てか当に国位を捨て、出家せん日、即ち無上正等菩提を成じ、還た是の日に於て妙法輪を転ずべき。即ち無量無数の有情をして遠塵離垢し、浄法眼を生ぜしめ、復た令無量無数の有情をして永く諸漏を尽くし、心慧解脱せしめ、亦た無量無数の有情をして皆な無上正等菩提に於て不退転を得せしめん。是れ菩薩摩訶薩、斯の事を成ぜんと欲はば、応に般若波羅蜜を学すべし)。

おほよそ無上菩提は、出家受戒のとき満足するなり。出家の日にあらざれば成満せず。しかあればすなはち、出家之日を拈来して、成無上菩提の日を現成せり。成無上菩提の日を拈出する、出家の日なり。

この出家の翻筋斗する、転妙法輪なり。この出家、すなはち無数有情をして無上菩提を不退転ならしむるなり。しるべし、自利利他ここに満足して、阿耨菩提不退不転なるは、出家受戒なり。成無上菩提かへりて出家の日を成菩提するなり。

まさにしるべし、出家の日は、一異を超越せるなり。出家の日のうちに、三阿僧祇劫を修証するなり。出家之日のうちに、住無辺劫海、転妙法輪するなり。出家の日は、謂如食頃にあらず、六十小劫にあらず。三際を超越せり、頂を脱落せり。出家の日は、出家の日を超越せるなり。しかもかくのごとくなりといへども、籮籠打破すれば、出家の日すなはち出家の日なり。成道の日、すなはち成道の日なり。

大論第十三曰、
仏在祇洹、有醉婆羅門、来至仏所、欲作比丘。仏勅諸比丘、与剃頭著袈裟。酒醒驚怪見身、変異忽為比丘、即便走去(仏祇洹に在しますに、醉婆羅門有つて仏所に来至し、比丘と作らんことを欲ひき。仏、諸比丘に勅して、剃頭を与へ、袈裟を著せしむ。酒醒めて身を見るに、変異して忽ちに比丘と為れることを驚怪し、即便ち走り去りぬ)。

諸比丘問奉仏、何以聴此醉婆羅門、而作比丘、而今帰去(諸比丘仏に問ひ奉らく、何を以てか此の醉婆羅門を聴して比丘と作し、而も今帰去するや)。

仏言、此婆羅門、無量劫中、無出家心。今因醉後、暫発微心、為此縁故、後出家(仏言はく、此の婆羅門は、無量劫中にも出家の心無し。今醉後に因つて暫く微心を発す。此の縁の為の故に、後に出家すべし)。

如是種々因縁、出家破戒、猶勝在家持戒。以在家戒不為解脱(是の如く種々の因縁ありて、出家の破戒は猶在家の持戒に勝れたり。在家の戒は、解脱の為ならざるを以てなり)。

仏勅の宗旨あきらかにしりぬ、仏化はただ出家それ根本なり。いまだ出家せざるは仏法にあらず。如来在世、もろもろの外道、すでにみづからが邪道をすてて仏法に帰依するとき、かならずまづ出家をこふしなり。

世尊あるいはみづから善来比丘とさづけまします、あるいは諸比丘に勅して剃頭鬚髪、出家受戒せしめましますに、ともに出家受戒の法、たちまちに具足せしなり。

しるべし、仏化すでに身心にかうぶらしむるとき、頭髪自落し、袈裟覆体するなり。もし諸仏いまだ聴許しましまさざるには、鬚髪剃除せられず、袈裟覆体せられず、仏戒受得せられざるなり。しかあればすなはち、出家受戒は、諸仏如来の親受記なり。

釈迦牟尼仏言、
諸善男子、如来見諸衆生楽於小法、徳薄垢重者、為是人説、我小出家、得阿耨多羅三藐三菩提。然我実成仏已来、久遠若斯。但以方便教化衆生、令入仏道、作如是説

(諸の善男子、如来、諸の衆生の小法を楽ひ、徳薄垢重なる者を見たまひて、是の人の為に説きたまはく、我れ小きより出家して阿耨多羅三藐三菩提を得たり。然るに我れ実に成仏してよりこのかた、久遠なること斯の若し。但だ方便を以て衆生を教化し、仏道に入らしめんとして、是の如くの説を作す)。

しかあれば、久遠実成は我小出家なり、得阿耨多羅三藐三菩提は我小出家なり。我小出家を挙拈するに、徳薄垢重の楽小法する衆生、ならびに我小出家するなり。我小出家の説法を見聞参学するところに、見仏阿耨多羅三藐三菩提なり。楽小法の衆生を救度するとき、為是人説、我小出家、徳阿耨多羅三藐三菩提なり。
しかもかくのごとくなりといふとも、畢竟じてとふべし、出家功徳、それいくらばかりなるべきぞ。
かれにむかうていふべし、頂許なり。

正法眼蔵第七十五

爾時寛元四年丙午九月十五日在越于永平寺示衆
右出家後、有御龍草本、以之可書改之。仍可破之

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめのページ💡
戒名や故人名を含むネット中継・個別法要実施→ZOOMで確認(10000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→仏事証書で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.