曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

春秋(しゅんじゅう)「正法眼蔵」

投稿日:2020年9月24日 更新日:

洞山悟本大師、因僧問、寒暑到来、如何回避(寒暑到来、如何が回避せん)。
師云、何不向無寒暑処去(何ぞ無寒暑の処に向つて去らざる)。
僧云、如何是無寒暑処(如何ならんか是れ無寒暑処)。
師云、寒時寒殺闍梨、熱時熱殺闍梨(寒時には闍梨を寒殺し、熱時には闍梨を熱殺す)。

この因縁、かつておほく商量しきたれり、而今おほく功夫すべし。仏祖かならず参来せり、参来せるは仏祖なり。西天東地古今の仏祖、おほくこの因縁を現成の面目とせり。この因縁の面目現成は、仏祖公案なり。

しかあるに、僧問の寒暑到来、如何回避、くはしくすべし。いはく、正当寒到来時、正当熱到来時の参詳看なり。この寒暑、渾寒渾暑、ともに寒暑づからなり。寒暑づからなるゆゑに、到来時は寒暑づからの頂より到来するなり、寒暑づからの眼睛より現前するなり。この頂上、これ無寒暑のところなり。この眼睛裏、これ無寒暑のところなり。

高祖道の寒時寒殺闍梨、熱時熱殺闍梨は、正当到時の消息なり。いはゆる寒時たとひ道寒殺なりとも、熱時かならずしも熱殺道なるべからず。寒也徹蔕寒なり、熱也徹蔕熱なり。たとひ万億の回避を参得すとも、なほこれ以頭換尾なり。寒はこれ祖宗の活眼睛なり、暑はこれ先師の煖皮肉なり。

浄因枯木禅師、嗣芙蓉和尚、諱法成和尚、云、衆中商量道、這僧問即落偏、洞山答帰正位。其僧言中知音、却入正来、洞山却従偏去。如斯商量、不唯謗涜先聖、亦乃屈沈自己。不見道、聞衆生解、意下丹青、目前雖美、久蘊成病

(浄因枯木禅師、芙蓉和尚に嗣す、諱は法成和尚、云く、衆中に商量して道ふ、この僧の問、即に偏に落つ、洞山の答は正位に帰す。其の僧、言中に音を知つて却つて正に入り来る。洞山却つて偏に従ひ去く。斯くの如く商量するは、唯だ先聖を謗涜するのみにあらず、亦た乃ち自己を屈沈す。道ふことを見ずや、衆生の解を聞くに、意下に丹青す。目前美なりと雖も、久しく蘊んで病と成ると)。

大凡行脚高士、欲窮此事、先須識取上祖正法眼蔵。其余仏祖言教、是什麼熱椀鳴声。雖然如是、敢問諸人、畢竟作麼生是無寒暑処。還会麼(大凡行脚の高士、此の事を窮めんと欲はば、先づ須らく上祖の正法眼蔵識取すべし。其の余の仏祖の言教は、是れ什麼の熱椀鳴声ぞ。然も是の如くなりと雖も、敢て諸人に問ふ、畢竟じて作麼生ならんか是れ無寒暑処。還た会すや)。
玉樓巣翡翠、金殿鏁鴛鴦(玉樓に翡翠巣ひ、金殿鴛鴦鏁せり)。

師はこれ洞山の遠孫なり。しかあるに、箇々おほくあやまりて、偏正の窟宅にして高s祖洞山大師を礼拝せんとすることを炯誡するなり。仏法もし偏正の商量より相伝せば、いかでか今日にいたらん。あるいは野猫児、あるいは田厙奴、いまだ洞山の堂奥を参究せず。かつて仏法の道閫を行李せざるともがら、あやまりて洞山に偏正等の五位ありて人を接すといふ。これは胡説乱説なり、見聞すべからず。ただまさに上祖の正法眼蔵あることを参究すべし。

慶元府天童山、宏智禅師、嗣丹霞和尚、諱正覚和尚、云、若論此事、如両家著碁相似。儞不応我著、我即瞞汝去也。若恁麼体得、始会洞山意。天童不免下箇注脚(慶元府天童山、宏智禅師、丹霞和尚に嗣す、諱は正覚和尚、云く、若し此の事を論ぜば、両家の著碁するが如くに相似なり。儞我が著に応ぜずは、我れ即ち汝を瞞じ去らん。若し恁麼に体得せば、始めて洞山の意を会すべし。天童免がれず箇の注脚を下すことを)。

しばらく、著碁はなきにあらず、作麼生是両家。もし両家著碁といはば、八目なるべし。もし八目ならん、著碁にあらず、いかん。いふべくはかくのごとくいふべし、著碁一家、敵手相逢なり。

しかありといふとも、いま宏智道の儞不応我著、こころをおきて功夫すべし。身をめぐらして参究すべし。儞不応我著といふは、なんぢ、われなるべからずといふなり。我即瞞汝去也、すごすことなかれ。泥裏有泥なり。蹈者あしをあらひ、また纓をあらふ。珠裏有珠なり、光明するに、かれをてらし、自をてらすなり。

夾山圜悟禅師、嗣五祖法演禅師、諱克勤和尚(夾山圜悟禅師、五祖法演禅師に嗣す、諱は克勤和尚)、云、
盤走珠、珠走盤。
偏中正、正中偏。
羚羊掛角無蹤跡、
猟狗遶林空踧蹈。
(盤、珠を走らせ、珠、盤に走る。偏中正、正中偏。羚羊角を掛けて蹤跡無し、猟狗林を遶りて空らに踧蹈す。)

いま盤走珠の道、これ光前絶後、古今罕聞なり。古来はただいはく、盤にはしる珠の住著なきがごとし。羚羊いまは空に掛角せり、林いま猟狗をめぐる。

慶元府雪竇山資聖寺明覚禅師、嗣北塔祚和尚、諱重顕和尚(慶元府雪竇山資聖寺明覚禅師、北塔祚和尚に嗣す。諱は重顕和尚)、云、
垂手還同万仭崖、
正偏何必在安排。
琉璃古殿照明月、
忍俊韓獹空上階。
(垂手還つて万仭の崖に同じ、正偏何ぞ必ずしも安排すること在らん。琉璃の古殿明月照らす、忍俊の韓獹空らに階に上る。)

雪竇は雲門三世の法孫なり。参飽の皮袋といひぬべし。いまも、かならずしもしかあるべからず。いま僧問山示の因縁、あながちに垂手不垂手にあらず、出世不出世にあらず。いはんや偏正の道をもちゐんや。

偏正の眼をもちゐざれば、此因縁に下手のところなきがごとし。参請の巴鼻なきがごとくなるは、高祖の辺域にいたらず、仏法の大家を見せざるによれり。さらに草鞋を拈来して参請すべし。みだりに高祖の仏法は正偏等の五位なるべしといふこと、やみね。

東京天寧長霊禅師守卓和尚云、
偏中有正正中偏、
流落人間千百年。
幾度欲帰帰未得、
門前依舊草芊々。
(偏中正有り正中偏、人間に流落すること千百年。幾度か帰らんとして帰ること未だ得ず、門前舊に依つて草芊々。)

これもあながちに偏正と道取すといへども、しかも拈来せり。拈来はなきにあらず、いかならんかこれ偏中有。

潭州大潙仏性和尚、嗣圜悟、諱法泰(潭州大潙仏性和尚、圜悟に嗣す、諱は法泰)、云、
無寒暑処為君通、
枯木生花又一重。
堪笑刻舟求劒者、
至今猶在冷灰中。
(無寒暑の処君が為に通ぜん、枯木花生くこと又一重。笑ふ堪し舟に刻して劒を求むる者、今に至りて猶ほ冷灰の中に在り。)

この道取、いささか公案踏著戴著の力量あり。

泐潭湛堂文準禅師云、
熱時熱殺寒時寒、
寒暑由来總不干。
行尽天涯諳世事、
老君頭戴菪皮冠。
(熱時は熱殺し寒時は寒、寒暑由来總に不干なり。天涯を行尽して世事を諳んず、老君が頭に菪皮冠を戴す。)

しばらくとふべし、作麼生ならんかこれ不干底道理。速道速道。

湖州何山仏燈禅師、嗣太平仏鑑慧懃禅師、諱守葈和尚(湖州何山仏燈禅師、太平仏鑑慧懃禅師に嗣す、諱は守葈和尚)、云、
無寒暑処洞山道、
多少禅人迷処所。
寒時向火熱乗涼、
一生免得避寒暑。
(無寒暑処洞山の道、多少の禅人か処所に迷ふ。寒時は火に向ひ熱には乗涼す、一生免得して寒暑を避れり。)

この葈師は、五祖法演禅師の法孫といへども、小児子の言語のごとし。しかあれども、一生免得避寒暑、のちに老大の成風ありぬべし。いはく、一生とは尽生なり、避寒暑は脱落身心なり。

おほよそ諸方の諸代、かくのごとく鼓両片皮をこととして頌古を供達すといへども、いまだ高祖洞山の辺事を覷見せず。いかんとならば、仏祖の家常には、寒暑いかなるべしともしらざるによりて、いたづらに乗涼向火とらいふ。ことにあはれむべし、なんぢ老尊宿のほとりにして、なにを寒暑といふとか聞取せし。かなしむべし、祖師道廃せることを。この寒暑の形段をしり、寒暑の時節を経歴し、寒暑を使得しきたりて、さらに高祖為示の道を頌古すべし、拈古すべし。いまだしかあらざらんは、知非にはしかじ。俗なほ日月をしり、万物を保任するに、聖人賢者のしなじなあり。君子と愚夫のしなじなあり。仏道の寒暑、なほ愚夫の寒暑とひとしかるべしと錯会することなかれ。直須勤学すべし。

正法眼蔵春秋第三十七

爾時寛元二年甲辰在越宇山奥再示衆
逢仏時而転仏鱗経。祖師道、衆角雖多一鱗足矣(逢仏の時にして仏鱗経を転ず。祖師道はく、衆角多しと雖も一鱗に足れり)。

※このページは学問的な正しさを追求するものではありません。より分かりやすくするために漢字をひらがなに、旧字体を新字体に、( )にふりがなをつけるなど、原文に忠実ではありません。

正法眼蔵の各巻一覧表示

💡あなたにおすすめのページ💡
戒名や故人名を含むネット中継・個別法要実施→ZOOMで確認(10000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→仏事証書で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

<< 戻る

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.