曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

余語翠巌

大師匠の本を集め出すの段

投稿日:

大師匠である余語翠巌老子の本は内弟子時代から副住職時代までは、当たり前のように本棚に全て並んでいて、なんなら贈呈用の本までストックされていたものだから、贅沢なことながらいつでも読めた。一般向けの法話を本にしたようなものは読みやすいけれど、難しい本もある。内弟子生活をしていた当時は分かったような気分になっていたけれど、今となって改めて読み返してみたいなと思うようになったが・・・、手元にない・・・。

お師匠さんのお寺から独立する時に、要らぬ嫌疑を掛けられては困ると思い、完全な私物を除き仏教書の類は自分で購入したものや自分で管理していたものも置いてきたからだ。そのうち、貰った大師匠の本もあったのだけれど、その時はそれでいいと思っていたということ。放てば手に満てりという気分だったのだろうか。

現在、大師匠の本を集め出していて、ヤフオクやなんかでお気に入りに入れて眺めているものもある。高価でお小遣いでは買えないのだ。1996年にお亡くなりになっているということもあり、恐らくほぼ全ての本は絶版。大雄山最乗寺独住第十八世および總持寺副貫主などを歴任したことからその出版物も高騰してしまう。誰か何とかしてくれないかい?

余語翠巌 略歴

-余語翠巌



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.