曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

「正伝の仏法」 一覧

正伝の仏法

正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)

2020/09/24   -正伝の仏法

正法眼蔵とは、道元禅師が1231(寛喜3)年8月に最初の巻である『弁道話』をあらわされた後、23年間にわたりまとめ説かれたもので、最終巻は示寂の年1253(建長5)年1月に完成した『八大人覚』の巻です ...

no image

正伝の仏法

板橋興宗禅師遷化の報を聞いて

2020/07/16   -正伝の仏法

板橋興宗禅師が2020年7月5日、遷化されました。 私は直接話したことはないのですが、一度、總持寺祖院でお目にかかっています(その様子は下記関連記事に)。私が内弟子で学んでいた師匠から聞いたり、書籍か ...

no image

正伝の仏法

自分のことは自分でする

2020/06/01   -正伝の仏法

昨夜、元總持寺貫主の板橋興宗禅師が夢に出てきた。目が覚める思いというか、本当に目が覚めた。どういうわけか空から見下ろしていると、どこかの寺の山門で禅師ともう一人の僧が話している。そんな光景を有難く見て ...

正伝の仏法

八大人覚(はちだいにんがく)「正法眼蔵」

1253/01/06   -正伝の仏法

諸仏是大人也、大人之所覚知、所以称八大人覚也。覚知此法、為涅槃因(諸仏は是れ大人也。大人の覚知する所、所以に八大人覚と称ず。此の法を覚知するを、涅槃の因と為)。 我本師釈迦牟尼仏、入般涅槃夜、最後之所 ...

正伝の仏法

身心学道(しんじんがくどう)「正法眼蔵」

1242/09/09   -正伝の仏法

仏道は、不道を擬するに不得なり、不学を擬するに転遠なり。 南嶽大慧禅師のいはく、修証はなきにあらず、染汚することえじ。 仏道を学せざれば、すなはち外道闡提等の道に墮在す。このゆゑに、前仏後仏かならず仏 ...

正伝の仏法

行仏威儀(ぎょうぶついいぎ)「正法眼蔵」

1241/10/15   -正伝の仏法

諸仏かならず威儀を行足す、これ行仏なり。行仏それ報仏にあらず、化仏にあらず、自性身仏にあらず、他性身仏にあらず。始覚本覚にあらず、性覚無覚にあらず。如是等仏、たえて行仏に斉肩することうべからず。 しる ...

正伝の仏法

仏性(ぶっしょう)「正法眼蔵」

1241/10/14   -正伝の仏法

釈迦牟尼仏言、一切衆生、悉有仏性、如来常住、無有変易。 これ、われらが大師釈尊の師子吼の転法輪なりといへども、一切諸仏、一切諸師の頂にん眼睛なり。参学しきたること、すでに二千一百九十年[当日日本仁治二 ...

正伝の仏法

即心是仏(そくしんぜぶつ)「正法眼蔵」

1239/05/25   -正伝の仏法

仏々祖々、いまだまぬかれず保任しきたれるは即心是仏のみなり。しかあるを、西天には即心是仏なし、震旦にはじめてきけり。学者おほくあやまるによりて、将錯就錯せず。将錯就錯せざるゆゑに、おほく外道に零落す。 ...

正伝の仏法

現成公案(げんじょうこうあん)「正法眼蔵」

1233/08/15   -正伝の仏法

諸法の仏法なる時節、すなはち迷悟あり、修行あり、生あり、死あり、諸仏あり、衆生あり。 万法ともにわれにあらざる時節、まどひなくさとりなく、諸仏なく衆生なく、生なく滅なし。 仏道もとより豊倹より跳出せる ...

正伝の仏法

摩訶般若波羅蜜(まかはんにゃはらみつ)「正法眼蔵」

1233/07/01   -正伝の仏法

観自在菩薩の行深般若波羅蜜多時は、渾身の照見五蘊皆空なり。五蘊は色受想行識なり、五枚の般若なり。照見これ般若なり。 この宗旨の開演現成するにいはく、色即是空なり、空即是色なり、色即是色なり、空空なり。 ...



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.