曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

正伝の仏法

板橋興宗禅師遷化の報を聞いて

投稿日:

板橋興宗禅師が2020年7月5日、遷化されました。

私は直接話したことはないのですが、一度、總持寺祖院でお目にかかっています(その様子は下記関連記事に)。私が内弟子で学んでいた師匠から聞いたり、書籍から間接的に学んだり、動画で見聞きし、御誕生寺まで足を運んだこともあります(会えませんでしたが)。

仏教を大学で学んでいた時期、どのお寺に修行に行きたいかという話になり、ある学生が「板橋禅師がいたら、總持寺にするのになぁ。辞めたからなぁ」と言っていて、彼は卒業後、永平寺に行きました。板橋禅師は總持寺の貫主を途中で辞めた珍しい禅師です。

私の大師匠が總持寺の副貫主を務めていたこともあり、師匠の勧めるまま總持寺一択の私にとって、彼の話はとても興味深く、「あのお坊さんがいるから、このお寺で修行したい」、そんなお坊さんがいるのかと驚いたのがはじめでした。そう言えば、大学選びの際、「あの先生がいるから、この大学を選ぶ」という話も聞いたことがあります。そのお寺版です。

※以下、總持寺HPよりお知らせを抜粋

曹洞宗 大本山總持寺独住第23世 御誕生寺2世中興閑月即真禅師 雲海(板橋)興宗大和尚、 世寿94歳にて、去る7月5日遷化いたされました。茲に生前のご法愛を深謝し、謹んでご報告申し上げます。7月9日に大本山總持寺貫首 江川辰三紫雲台猊下御親修のもと、福井県越前市御誕生寺に於いて近親者のみにて荼毘式を厳修いたしました。時節柄、荼毘式後のご報告とさせていただきましたこと 何卒ご高察を賜り、ご理解頂きます様お願い申し上げます。尚、本葬の儀は改めて大本山總持寺にて厳修いたします。

関連記事
自分のことは自分でする
御誕生寺-福井県越前市

-正伝の仏法



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.