曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

余語翠巌

目的と手段

投稿日:2019年11月18日 更新日:

私の修業時代の師匠で余語翠厳老師(平成10年永眠。元大本山総持寺副禅師、大雄山最乗寺住職。安心の生き方、道はじめより生ず。など著書多数、NHKなど宗教番組に出演)という稀代な老師がおられました。

日頃、老師は(一瞬一瞬が正念場である。今この時しか事実はなく、後も先もない。過去と未来は全て頭で作る幻影である。)ということをおっしゃっていました。この意味を本当に理解できると、人生には失敗というものはないことがわかります。大多数の人は高収入や安定した処での就職を望み、その手段として懸命に勉強するというのが一般的ではないでしょうか。しかし、苦労してつかんだ就職も、仕事が手段でなく目的でないと正しくないと思います。仕事が手段であると、収入のために働く無味乾燥なものになりがちです。(リンク先より)

目的と手段

余語翠巌 略歴

-余語翠巌



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.