曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

余語翠巌

禅の高僧、余語翠巖(よご・すいがん)老師の教え!

投稿日:2012年8月25日 更新日:

余語先生の「人生のとらえ方」がよく現れているエピソードを著書「従容録(地湧社)」から抜粋して、引用しましょう。

いつか、長崎に行ったときに、運転してくれた人が、故郷を出てからの苦労話をずうっと綿々していました。私(余語)は、後ろの座席で聞いていたのですが、1時間ぐらいで目的地に着いたので、最後に「あんた、そういうことが色々あったんで退屈せんですんだんじゃ」と言ったら、(その運転手は)黙ってしまいました。お互いさまも、何もなかったら暇で困るでしょう。いろいろなことがあって、楽しくても苦しくても、それでいいのです。それを、ぶつぶつと言うことはない。妄想は死ぬまでなくなりゃせんから、余計なことを考えないほうがよろしい。

きっと、余語先生は、この人(運転手)には「温かい、慰めの言葉をかける」よりは「言い放つ」ほうがいいと直感的に思ったのでしょう。苦労された方に対して、なかなか言い放てる言葉ではありません。(リンク先より)

禅の高僧、余語翠巖(よご・すいがん)老師の教え!

余語翠巌 略歴

-余語翠巌



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.