曹洞宗 正伝の仏法

曹洞宗に関わる重要人物や正法眼蔵について更新しています。

「正伝の仏法」 一覧

正伝の仏法

「正法眼蔵」法華転法華(ほっけてんほっけ)

2020/09/24   -正伝の仏法

十方仏土中者、法華の唯有なり。これに十方三世一切諸仏、阿耨多羅三藐三菩提衆は、転法華あり、法華転あり。これすなはち、本行菩薩道の不退不転なり、諸仏智慧、甚深無量なり、難解難入の安詳三昧なり。あるいはこ ...

正伝の仏法

「正法眼蔵」菩提薩埵四摂法(ぼだいさったししょうぼう)

2020/09/24   -正伝の仏法

一者、布施。二者、愛語。三者、利行。四者、同事。 その布施といふは不貪なり。不貪といふは、むさぼらざるなり。むさぼらずといふは、よのなかにいふへつらはざるなり。たとひ四州を統領すれども、正道の教化をほ ...

正伝の仏法

「正法眼蔵」一百八法明門(いっぴゃくはちほうみょうもん)

2020/09/24   -正伝の仏法

爾時護明菩薩、観生家已。時兜率陀有一天宮、名曰高幢、縱広正等六十由旬。菩薩時時上彼宮中、為兜率天説於法要。是時菩薩、上於彼宮、安坐訖已、告於兜率諸天子言、汝等諸天、応来聚集、我身不久下於人間。我今欲説 ...

正伝の仏法

「正法眼蔵」四禅比丘(しぜんびく)

2020/09/24   -正伝の仏法

第十四祖龍樹祖師言、仏弟子中有一比丘、得第四禅、生増上慢、謂得四果。初得初禅、謂得須陀洹。得第二禅時、謂是斯陀含果、得第三禅時、謂是阿那含果、得第四禅時、謂是阿羅漢。恃是自高、不復求進。命欲尽時、見有 ...

正伝の仏法

「正法眼蔵」四馬(しめ)

2020/09/24   -正伝の仏法

世尊一日、外道来詣仏所問仏、不問有言、不問無言(世尊一日、外道、仏の所に来詣りて仏に問ひたてまつらく、有言を問はず、無言を問はず)。 世尊據坐良久(世尊、據坐良久したまふ)。 外道礼拝讃歎云、善哉世尊 ...

正伝の仏法

「正法眼蔵」三時業(さんじごう)/六十巻本

2020/09/24   -正伝の仏法

「正法眼蔵」三時業(さんじごう)/六十巻本の抜粋を掲載します。 ・このほか不定業あり、また八種の業あること、ひろく参学すべし。いまだこの業報の道理をあきらめざらむともがら、みだりに人天の導師と称するこ ...

正伝の仏法

「正法眼蔵」三時業(さんじごう)

2020/09/24   -正伝の仏法

第十九祖鳩摩羅多尊者、至中天竺国、有大士、名闍夜多。問曰、我家父母、素信三宝。而甞縈疾瘵、凡所営事、皆不如意。而我鄰家、久為栴陀羅行、而身常勇健、所作和合。彼何幸、而我何辜(第十九祖鳩摩羅多尊者、中天 ...

正伝の仏法

「正法眼蔵」深信因果(じんしんいんが)

2020/09/24   -正伝の仏法

百丈山大智禅師懐海和尚、凡参次、有一老人、常隨衆聴法。衆人退老人亦退。忽一日不退(百丈山大智禅師懐海和尚、凡そ参次に一りの老人有つて、常に衆に隨つて聴法す。衆人退すれば老人もまた退す。忽ちに一日退せず ...

正伝の仏法

「正法眼蔵」帰依仏法僧(きえぶっぽうそう)

2020/09/24   -正伝の仏法

禅苑清規曰、敬仏法僧否(仏法僧を敬ふや否や)。一百二十門第一 あきらかにしりぬ、西天東土、仏祖正伝するところは、恭敬仏法僧なり。帰依せざれば恭敬せず、恭敬せざれば帰依すべからず。この帰依仏法僧の功徳、 ...

正伝の仏法

「正法眼蔵」供養諸仏(くようしょぶつ)

2020/09/24   -正伝の仏法

仏言、 若無過去世(若し過去世無くんば)、 応無過去仏(応に過去仏無かるべし)。 若無過去仏(若し過去仏無くんば)、 無出家受具(出家受具無けん)。 あきらかにしるべし、三世にかならず諸仏ましますなり ...



Copyright © 2017 - 2022 寺院センター All Rights Reserved.